2381.今日の植物(1869):フィラガティス

 今日の植物は、フィラガティスという植物です。

 フィラガティスは、ノボタン科 Phyllagathis属(フィラガティス属)の植物で、The Plant Listによれば25種が確認されているという植物群です。
 この植物については、頼りにしているウイキペディアに情報がなく、ネットで探しました。
 その結果ですが、この属は東南アジアに分布する植物のようです。
 切手に描かれている種ではないのですが、Phyllagathis rotundifolia という種は、マレーシアやスマトラに分布しているということです。地面を這って広がる植物で、古くからマラリアや発熱、胃痛に効果のある民間薬用植物として利用されていたということです。

 写真です。手元にありませんでしたのでネットから借用です。葉だけの写真で申し訳ありません。

フィラガティス・ロトゥンディフォリア Phyllagathis rotundifolia

    Phyllagathis_rotundifolia.jpg 

 切手です。

フィラガティス・ツベルクラタ Phyllagathis tuberculata

    stmly3002.jpg
1997年 マレーシア発行(高地の花)
 ●この切手は最近入手したもので、5種がセットで発行されました。こちらです⇒切手植物図鑑

スポンサーサイト

2380.今日の植物(1868):ランテリウム

 今日の植物は、ランテリウムという植物です。3日続けての日替わり植物図鑑となりました。

 ランテリウムは、キク科 Rhanterium属(ランテリウム属)の植物で、3つの種が知られているようです。
 ウイキペディアによりますと、いずれも中東からアフリカ北部の砂漠地帯に分布する植物のようです。

 ウイキペディアには切手に描かれているRhanterium epapposum種について詳しい情報がありました。
 それによりますと、この種はサウジアラビアやクウェートの砂漠地帯を原産地とする植物で、小さな葉が絡み合ったようにして広がっていくのだそうです。
 砂漠の厳しい環境に適応するように、乾燥した時期には葉を落とし乾燥に耐え、雨が降るとその後に葉を成長させ、花をつけて昆虫を集めて受粉するというような行動をとるのだそうです。
 また、このRhanterium epapposumはクウェートの国花でもあります。

 写真です。ウイキペディアから借りています。

ランテリウム・エパポスム Rhanterium epapposum

    Rhanterium epapposum1     Rhanterium epapposum 

 切手です。5回続けてサウジアラビアから発行された同じセットの切手です。このセットで発行された切手の中に、これまで登場していなかった植物(属)が5つもあったのです。

ランテリウム・エパポスム Rhanterium epapposum

    stsau0118.jpg
1990年 サウジアラビア発行(砂漠の花)
 ●このセットでは21種の切手が発行されました。そのうち3種はキク科の植物を描いた切手で、科としては最も多いのです。キク科の植物は多様に進化を遂げて、地球上の様々な環境に適応し、砂漠の厳しい環境にも対応できるようになったということなのでしょう。

2379.今日の植物(1867):アンビレア

 今日の植物は、アンビレアという植物です。今回も日替わりのブログになりました。

 アンビレアは、キク科 Anvillea garcinii属(アンビレア属)の植物群で、世界で3種が確認されているという小さな属です。
 ウイキペディアにも情報が少なかったのですが、北アフリカや中東、アラビア半島に分布する植物のようです。

 切手に描かれているAnvilleaAnvillea garcinii garcinii種は、北アフリカの地域では炎症に対する伝統的な薬用植物として利用されてきたという情報もありました。

 写真です。

アンビレア・ガルキニイ Anvillea garcinii

    anvillea-garcinii.jpg 

 切手です。引き続きサウジアラビアから発行された切手です。

アンビレア・ガルキニイ Anvillea garcinii

    stsau0116.jpg
1990年 サウジアラビア発行(砂漠の花)

2378.今日の植物(1866):エダウチナズナ

 今日の植物は、エダウチナズナという植物です。

 エダウチナズナは、アブラナ科 Diplotaxis属(エダウチナズナ属)の植物の総称でThe Plant Listでは47の種が確認されているとされていました。
 ウイキペディアの情報によりますと、この植物群はヨーロッパや地中海沿岸地域を原産地とする植物で、特にイベリア半島、アフリカ北部およびカーボベルデに多く分布しているということです。

 その種のなかには、辛子の風味のある葉を持っているものがあり、古くから葉が食用にされて来たということです。

 写真です。手元にありませんでしたので、ネットから借用です。

ディプロタクシス・ハッラ Diplotaxis harra

    Diplotaxis-harra[1]     Diplotaxis harra 

 切手です。前の2つの記事と同じサウジアラビアから発行されたセットのうちの1枚です。

ディプロタクシス・ハッラ Diplotaxis harra

    stsau0115.jpg
1990年 サウジアラビア発行(砂漠の花)
 ●この切手に描かれている植物は上の写真の植物と少し違っているようにも見えますが、参考にしたサイトの情報に従っておきましょう。

2377.今日の植物(1865):ペルグラリア

 今日の植物は、ペルグラリアという植物です。昨日に続いて久し振りの「日替わり」ブログになりました。

 ペルグラリアは、キョウチクトウ科 Pergularia 属(ペルグラリア属)の植物で。15種が確認されているという小さな属のようです。
 このPergularia も昨日のTalinum(ハゼラン)属と同じく、サウジアラビアから発行された切手のセットに入っていて、今回初めて植物の名前が判明した仲間です。

 それと、名前について「へー面白いな」と思ったのですが、Spergularia という「S」の一字が頭についた別の属名があるのです。こちらのSpergulariaは既にこのブログでも登場していますが、ナデシコ科の植物群で、お互いに関連があるのかどうかよく分かりませんでした。属名の由来が分かれば解明できそうですが、残念ながら情報がありませんでした。

 で、Pergularia ですが、ウイキペディアによれば、熱帯から亜熱帯地域に分布する植物のようで、切手に描かれているPergularia tomentosa種はエジプトからパキスタンに至る中東地域に分布する種のようです。
 Pergularia daemia という種など、抗細菌、抗ガンなどの機能を持つものもあるということです。

 写真です。手元にありませんでしたので、ネットから借用しています。

ペルグラリア・トメントサ Pergularia tomentosa

    Pergularia tomentosa     PergutomT3_l[1] 

 切手です。

ペルグラリア・トメントサ Pergularia tomentosa

    stsau0103.jpg
1990年 サウジアラビア発行(砂漠の花)



↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR