2386.今日の植物(1874):オランダビユ

 今日の植物は、オランダビユという植物です。

 オランダビユは、マメ科 Psoralea属(オランダビユ属)の植物で、The Plant Listによれば105種を擁する属だということです。ウイキペディアの情報では、Psoralea属の植物のほとんどのものは有毒なのですが、中には食用になる種もあるということです。
 また、ダイズのようにマメ科の植物の多くはイソフラボンという物質を含むのですが、Psoralea属の植物は特に多く含まれるという情報がありました。
 切手に描かれている、Psoralea pinnata種は南アフリカ原産の植物なのですが、オーストラリア南部やニュージーランドに帰化し繁茂するようになっているという情報もありました。

 写真です。ウイキペディアから借りてきました。種小名がpinnata(羽状の)とあるように、細く切れ込んだ葉が特徴で、葉だけ見るとマメ科の植物とは思えない外観です。同じ属には羽状になって風に吹かれて転がっていくような種もあるということです。

プソレア・ピンナタ Psoralea pinnata

     Psoralea_pinnata_1[1]

 切手です。

プソレア・ピンナタ Psoralea pinnata

    stshl0502.jpg
1994年 英領セントヘレナ発行
 ●セントヘレナは、南大西洋、アフリカの西方にある島ですので、この植物が帰化しているのかもしれません。
  一緒に発行された切手はこちらです⇒切手植物図鑑 
スポンサーサイト

2385.今日の植物(1873):マハランガ

 今日の植物は、マハランガという植物です。

 マハランガは、ムラサキ科 Maharanga属(マハランガ属)の植物で、The Plant Listによれば5種が確認されているという小さな属のようです。
 考えてみると、このところ3回続けてムラサキ科の植物になりました。意図的なものではなく、気づいたらそうなっていたということなのです。

 ですが、頼みのウイキペディアにもMaharangaに関する情報がなくて、これは弱った・・・状態でした。
 他のサイトで調べたのですが、分かったのはネパールに分布している植物のようだということで、こりゃあかん。です。

 写真です。なかなか魅力的な花を持っています。

マハランガ・エモディ Maharanga emodi

    Maharanga-emodi-4[1]     Maharanga-emodi-1[1] 

 切手です。そのネパールから発行されています。

マハランガ・エモディ Maharanga emodi

    stnep0901.jpg
2015年 ネパール発行(ネパールの植物)
 ●一緒に発行された切手です。⇒切手植物図鑑

2384.今日の植物(1872):ハラクシア

 今日の植物は、ハラクシアという植物です。

 ハラクシアは、ムラサキ科 Halacsya属(ハラクシア属)の植物で、この属に分類されるのは切手に描かれているHalacsya sendtneri 種の1種だけのようです。
 この植物についても情報が少ないのですが、Halacsya sendtneri から有用な物質が撮り出される、といった記事がネットにありました。
 また、この属名Halacsyaは、オーストリアの物理学者、植物学者のEugen von Halácsy氏(1842~1913)に因んで命名されたのだそうです。

 と、情報が少ないのですが、写真です。ネットから借りています。前回の同じムラサキ科にも鮮やかな黄色の花をもつ植物がありましたが、今回も魅力的花です。

ハラクシア・センツネリ Halacsya sendtneri

    Halacsya sendtneri 

 切手です。

ハラクシア・センツネリ Halacsya sendtneri

    stbos0401.jpg
2016年 ボスニア・ヘルツェゴビナ発行

2383.今日の植物(1871):アルカナ

 今日の植物は、アルカナという植物です。

 アルカナは、ムラサキ科 Alkanna属(アルカナ属)の植物で、The Plant Listでは67種を擁する属だとしています。ウイキペディアではこの属はムラサキ科で約60種を含む草本である、という簡単な情報だけでしたが、切手に描かれているAlkanna tinctoria種については一項として取り上げられていました。

 それによりますと、この種はその根が赤色の染料として利用されるということでよく知られているのだそうです。花は青い色なのですが、地中海沿岸地域では根を古くから赤色の染料として葡萄酒や食用油さらにはニスなどの色付けに使われてきたのだそうです。
 また、インドでは食用にもされ、カレー料理の色付けにつかわれ、また口紅の色にも使われていたということです。

 そういえば、種小名の「tinctoria」は「染料の」という意味でした。
 で、このブログで登場したtinctoria(-us,-um)仲間を調べてみましたら次のような植物が登場していました。
  
Fibraurea tinctoria(ツヅラフジ科)Isatis tinctoria(アブラナ科)Persicaria tinctoria(タデ科:アイ)Anthemis tinctoria(キク科)Coreopsis tinctoria(キク科)Carthamus tinctorius(キク科:ベニバナ)Cochlospermum tinctorium(ワタモドキ科)

 写真です。ウイキペディアから借りています。

(左)アルカナ・ティンクトリア Alkanna tinctoria
(右)アルカナ・オリエンタリス Alkanna orientalis

    Alkanna_tinctoria2[1]     Alkanna_orientalis01[1] 
 ●右のような黄色の種もあるようです。いずれにしても、鮮やかな色の花を持っているようです。

 切手です。

アルカナ・ティンクトリア Alkanna tinctoria

    stisr1103.jpg
2015年 イスラエル発行(冬の花)

2382.今日の植物(1870):コドノボエア

 今日の植物は、コドノボエアという植物です。

 コドノボエアは、イワタバコ科 Codonoboea属(コドノボエア属)の植物で、The Plant Listによれば87種が確認されている植物群です。
 Codonoboeaについて、頼みのウイキペディアには、イワタバコ科の属で、その種の多くはかつてはHenckelia属に分類されていたという記事と属している種の名前が挙げてあるだけでした。

 他のサイトで調べてみたのですが、マレー半島に分布するものが多く、高温多湿の環境を好み、最低気温15度位が必要なので、日本では戸外での栽培は難しいという説明がありました。

 また同じサイトで、Codonoboeaに近い属について次のような情報がありました。
 マレー産の
ヘンケリア(Henckelia)属の多くはこのCodonoboea属に移され、またこのブログにも取り上げていますキリタ(Chirita)属の種はプリムリナ(Primulina)属、ヘンケリア(Henckelia)属、ミクロキリタ(Microchirita)属という他の属に移されて、Chirita属はなくなったのだそうです。従って、Henckelia属にかつて属していた種は他の属に移り、そのかわり新しい種が入ってきた、という入れ替わりの激しい状態にあるようです。

 写真です。ネットから借りています。

コドノボエア・キンケブルネラ Codonoboea quinquevulnera  

    Codonoboea quinquevulnera   

 切手です。

コドノボエア・キンケブルネラ Didymocarpus quinquevulnerus(=Codonoboea quinquevulnera)

    stmly3005.jpg
1997年 マレーシア発行(高地の花)
 ●前回のPhyllagathis属(フィラガティス属)と同じセットで発行されました。
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR