2412.今日の植物(1900):ドリオバラノプス

 今日の植物は、ドリオバラノプスという植物です。

 ドリオバラノプスは、フタバガキ科 Dryobalanops属(ドリオバラノプス属)の植物で、The Plant Listには亜種も含めて8つの種があげてありましたので、小さな種ということになります。

 ウイキペディアの情報では、この属の植物はマレーシア西部の熱帯林にのみ分布する樹木だそうです。その地域では最も優勢な樹木で、樹高は80メートルにもなるといいますから、これは高木です。
 その材は重くて強度があるもので、建築用材として重要なものだということです。

 このDryobalanops属を含めてフタバガキ科の樹木は、成長する過程でCrown shynessという現象を起こすことで知られているのだそうです。木が成長するときに、お互いに触れあわないように「遠慮しながら」成長し、その結果地上から見ると葉の間に運河ができたような隙間が生じるのだそうです。こんな現象については初めて知りました。

 写真です。右がCrown shyness現象の写真です。いずれもネットから借りてきました。

ドリオバラノプス・スマトレンシス Dryobalanops aromatica(=D. sumatrensis)

    Dryobalanops sumatrensis2     Dryobalanops sumatrensis

 切手です。今回も前回に続いてマレーシアから発行された切手です。

ドリオバラノプス・スマトレンシス Dryobalanops aromatica(=D. sumatrensis)

    stmly3412.jpg     stmly3402.jpg
この2枚は、2000年 マレーシア発行(第21回IUFRO世界会議)
スポンサーサイト

2407.今日の植物(1895):バンヘールデア

 今日の植物は、バンヘールデアという植物です。

 バンヘールデアは、ツルナ科 Vanheerdea属(バンヘールデア属)の多肉植物で、The Plant Listには1種の名前が挙げてあるだけでした。非常に小さな植物群だと思われます。

 実は、切手に描かれている種はVanheerdea divergensとされていて、The Plant Listの種名とは違っています。ネットで調べてみるとVanheerdea divergens種に関する情報も載っていましたので、この種はThe Plant Listでは確認されていない種ということになるのでしょうか

 頼みのウイキペディアにも記事がないという状況で、他のサイトでVanheerdea divergens種について調べてみますと、この植物は南アフリカ共和国の南ケープ、北ケープ地域に分布している植物のようです。岩場に分布して、黄色い花を咲かせるという情報がありました。

 Van Heerdenという有力な一家が南アフリカにあるという情報がありました。属名のVanheerdeaは、この一族に由来するのかもしれません。


 で、写真です。ネットから借用しています。

バンヘールデア・ディベルゲンス Vanheerdea divergens

    Vanheerdea divergens 

 切手です。4回連続して南アフリカから発行された同じシリーズの切手です。

バンヘールデア・ディベルゲンス Vanheerdea divergens

    stsaf1306.jpg
1988年 南アフリカ発行(普通切手)

2368.今日の植物(1856):マテレア

 今日の植物は、マテレアという植物です。

 マテレアは、ガガイモ科 Matelea属(マテレア属)の植物で、The Plant List では確認された種として261の種名があげられていました。ウイキペディアでは約200種があるとされていましたので、200種を超える種を擁する大きな属ということになりそうです。

 このような大きな植物群なのですが、全くなじみがなく、これまでその姿を見たことがないように思います。
 このMatelea属についての情報を探したのですが、余りありませんでした。この側の植物は一般にMilkvine(乳の蔦)と呼ばれているという記事がウイキペディアにありました。白色の樹液を出すのでしょうか?
 
 写真です。

(左)マテレア・ルブラ Matelea rubra
(右)マテレア・マルティマ Matelea-maritima

    matelea_rubra[1]     Matelea-maritima.jpg   

 切手です。最近入手したものですが、3枚の切手に同じ種が描かれています。

マテレア・ルブラ Omphalophalmum rubrum? (=Matelea rubra)

    staru0401.jpg  staru0402.jpg  staru0403.jpg
 この3枚は、1989年 アルバ発行
 ●この切手が発行された目的などはよく分かりませんが、この植物がアルバにとって関連のある植物なのかもしれません。
 Omphalophalmum rubrumはMatelea rubraと同義だとされていました。
 また、
Matelea属はAPGの分類体系ではキョウチクトウ科とされています。

2270.今日の植物(1763):ロウセア

 今日の植物は、ロウセアという植物です。
 
 ロウセアは、ニシキギ科 Roussea 属(ロウセア属あるいはルセア属?)の植物で、ウイキペディアによればこの属には切手に取り上げられているRoussea simplex種の1種だけが分類される1属1種の植物だとしています。
 一方、The Plant ListはRoussea 属の植物として2種があげてあり、このRoussea simplexは未確認の種としています。しかももう一つの種であるRoussea salicifolia はアカテツ科のPouteria salicifolia の異名としていて、結局Roussea 属として確認された種はない、ということになります。
 いずれにしても、小さな属ということになりそうです。

 それともう一つややこしいのですが、このRoussea 属はRousseaceae(ロウセア科)という科に分類されるとする情報もありました。その場合は4属を擁する科ということになるようです。こうなると、よく分からん状態です。

 とりあえずは、Roussea 属はニシキギ科としておきましょう。

 写真です。

ロウセア・シンプレクス Roussea simplex


    Roussea.jpg

 切手です。

ロウセア・シンプレクス Roussea simplex

    stmau9901.jpg
2010年 モーリシャス発行(固有植物)

2118.竜王山の植物(2):ハマセンダン

 久し振りの「竜王山の植物」ハマセンダンです。といってもこのシリーズの2つ目の記事ですので、第一弾のアマナ以降これまで記事が無かったということなのです。

 ハマセンダンは、ミカン科 Tetradium(ゴシュユ属)の植物です。
 先日地元の新聞で天然記念物のハマセンダンの巨木が山陽小野田市にあるという記事が掲載されていて、見に行ってきました。

 写真のような迫力のある大きな木でした。目通り(地上1.3メートルの高さでの周囲)が5.2メートル、樹高15メートルの国内最大級のハマセンダンで推定樹齢250年というものでした。
 瀬戸内海に面した竜王山の小高い丘にある、大浜神社(既に社殿はなくなっていました)の裏手にありました。

 このハマセンダンという植物は、海岸に近い山地に生育する落葉樹で、三重県以西の本州、四国、九州それに沖縄、台湾、中国南部に分布しているということです。
 当日は、葉を落としていて写真のようなさびしい姿でしたが、7~8月には小さな緑白色の花を咲かせるということですので、その頃に再訪してみましょう。

 このTetradium属というのは初めて登場しましたが、東アジアの温帯から熱帯地域に8,9種が分布する植物群のようです。このTetradium属はかつては近縁のEuodia(オガサワラゴシュユ)属に含められていたということで、このハマセンダンもEuodia meliifolia という学名が表示されることがあるようです。

 属名のゴシュユは漢字で書くと「呉須臾」、生薬の名前なのだそうです。そう言えば、サンシュユ(山茱萸)という植物もありましたが、こちらも漢方薬として使われる植物でした。

 写真です。

ハマセンダン Tetradium glabrifolium

    IMG01269.jpg     IMG01268.jpg
2016年4月8日 山陽小野田市(旧)「大浜神社」

 Tetradium属を描いた切手は手元にありませんでした。探してみようと思いますが、世界にもないのかもしれません。
 
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR