1302.今日の植物(866):フランクリニア

 今日の植物は、フランクリニアという名前の植物です。本日の誕生日の花の一つにツバキがあるのですが、これは登場済みということで、同じツバキ科のフランクリニアを取り上げました。

 フランクリニアも馴染みのない植物なのですが、ツバキ科 Franklinia属(フランクリニア属)の植物で、この属に分類される種は後で出てくるFranklinia alatamaha種の1種のみなのだそうです。
 このFranklinia alatamaha種はアメリカのジョージア州のアルタマハ(Altamaha)渓谷に固有の種だったのですが、野生状態では19世紀の初頭に絶滅し、現在では園芸樹として栽培されているものが存続しているのみなのだそうです。

 このFranklinia属はかつてはタイワンツバキGordonia)属に含める植物学者もいたのだそうですが、現在では、ヒメツバキ(Schima)属と近縁の属だと考えられているようです。

 写真です。ウイキペディアから借用です。

フランクリニア・アラタマハ Franklinia alatamaha
 ●この種小名の「alatamaha」は自生していた渓谷の名前「Altamaha」によるものでしょう。

    800px-Franklinia_alatamaha[1]     800px-Franklin_Tree_Franklinia_alatamaha_Leaves_3008px[1] 

 切手です。1枚ありました。

フランクリニア・アラタマハ Franklinia alatamaha

    stusa0604.jpg
1969年 アメリカ発行(国際植物会議)
スポンサーサイト

1229.今日の植物(814):ヒサカキ

 今日の植物は、ヒサカキという植物です。本日の誕生日の花の一つ、チャ(茶)はすでに登場済みということで、同じツバキ科のヒサカキにしました。

 ヒサカキは、ツバキ科 Eurya属(ヒサカキ属)の常緑低木の総称であり、一つの種の名称でもあります。

 ヒサカキ属は、世界に70~100種が分布していて多くは東アジアからヒマラヤ、東南アジアに分布しているということですが、オセアニアや中南米に分布する種も少数ながらあるのだそうです。

 ヒサカキは、漢字で書くと「姫榊」、ヒサカキが同じツバキ科のサカキより一回り小さいところからこの名前になったようです。サカキが手に入らない北国ではこのヒサカキがサカキの代わりに神事などに使用されるのだということです。

 Eurya属の写真です。

ヒサカキ Eurya japonica

    IMGP2629.jpg        IMGP1014.jpg
   撮影:2003年6月29日        撮影:2003年11月8日
 加西市「県立フラワーセンター」   神戸市「市立須磨離宮公園」

 ●いずれも3、4月の花期に遅れたようです。今度、花の写真を撮ってきましょう。 

(以下2014年3月25日追加分です)

    P1110602.jpg     P1110603.jpg
 撮影:2014年3月21日 山口市小郡「中領八幡宮」
 ●香りでヒサカキがあるのに気付きました。この香りはウイキペディアでは、「一般的な花の匂いとは大きく異なり、都市ガスやたくあん似た独特の匂いである。」そう言われてみればそうかな、と思いますが、決して悪い匂いのようには思わないのですが・・・個人差があるのでしょうか。

ハマヒサカキ Eurya emarginata

    IMGP0006.jpg       IMGP2751XX.jpg
   撮影:2003年10月11日      撮影:2004年6月5日
        尼崎市            白浜町「三段壁」

    IMGP0957.jpg         IMGP4462.jpg
    撮影:2003年11月8日      撮影:2004年11月13日
  神戸市「市立須磨離宮公園」    福岡市「藤田公園」
 ●こちらのハマヒサカキという種は、暖地の海岸に分布している種です。ヒサカキとは違って、10月から2月頃にかけて花の咲かせます。
 ●庭木や生垣としてもよく見かける種です。


(次の2枚は、2014年2月23日追加分です)

    P1110375.jpg     P1110376.jpg
撮影:2014年2月13日 萩市笠山

 Eurya属を描いた切手は手元にありませんでした。

(おしらせです)

 新しく入手した切手です。これまで切手がなかった属です。
  クレイストカクツス http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1177.html
  サンユウカ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1191.html

1022.今日の植物(646):タイワンツバキ

 本日登場したのはタイワンツバキという植物です。本日の誕生日の花、ツバキに代って登場しました。

 タイワンツバキは、ツバキ科 Gordonia 属(タイワンツバキ属)の常緑高木の総称および一つの種です。
 

 ツバキの名前が付いていますが、一般のツバキのツバキ属とは別の属になります。
 ウイキペディアによりますとGordonia 属には約40種が属しているそうで、そのうち2種のみが北米の南西部および中南米原産で、他のものは東南アジアから中国南部、台湾、インドシナ半島の原産だということです。

 種としてのタイワンツバキは中国南部からインドシナ半島、台湾に分布しているということです。
 面白いのは、タイワンツバキは英語名を「Fried egg tree」(目玉焼きの木?)というそうです。どうやら、この花がぽとりと落ちて雄蕊を上にしたところが目玉焼きのように見えることから来たようです。黄色の雄蕊を卵の黄身に見立てたのでしょう。

 で、その写真です。

タイワンツバキ Gordonia axillaris

    IMGP6118.jpg
撮影:2006年3月26日 大和高田市「椿寿庵」
 ●この「椿寿庵」ではたくさんの品種のツバキが育てられていましたが、その中にはタイワンツバキもありました。

    IMGP2852X.jpg
 撮影:2004年2月22日 三原町「淡路ファームパーク」

 Gordonia 属を描いた切手は残念ながら手許にありませんでした。

984.今日の植物(613):サカキ

 本日の植物はサカキという植物です。

 サカキは、ツバキ科 Cleyera属(サカキ属)の常緑高木で、本州の茨城県以南から四国、九州、台湾、中国に分布しているということです。
 サカキは、厚みがあって光沢のある葉を持っています。

 以前登場したシキミ(樒)は仏前に供える植物でしたが、サカキは神事に欠かせない植物です。神前に供えたり、神主さんのお祓いに使われたり、玉串の形で奉奠したり、といった形で登場します。
 漢字で書くと「榊」と書きますが、これは日本で作られたいわゆる国字です。

 サカキという名前の由来は、神と人との境の意味の「境木」から来たとか、常緑であることから「繁木」から来たといった説があるようです。
 昔から神様に供える植物として葉の先が尖った植物が使われてきたそうで、サカキの他にマツオガタマノキ、ヒサカキなどが使われてきたようです。

 写真です。

サカキ Cleyera japonica

    IMGP2050.jpg
撮影:2003年6月5日 京都市「平安神宮」

フイリサカキ Cleyera japonica cv.

     IMGP0134XX.jpg
 撮影:2004年3月21日 草津市「水生植物園」

 サカキを描いた切手は手元にありませんでした。こりゃなさそうです。


(おしらせです)

 本日の誕生日の花の一つ、ゲンゲの切手を追加しました。
  ゲンゲ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-280.html

954.山奥植物園の植物(29):モッコク

 本日の植物は、久しぶりの『山奥植物園』の植物、モッコクと呼ばれる植物です。

 モッコクは、ツバキ科Ternstroemia属(モッコク属)の常緑高木で高さは10~15mにもなります。
 わが国では千葉県以西の本州、四国、九州それから朝鮮半島南部を経て台湾、中国、東南アジアからインドにまで分布しているということです。

 6~7月に香りの良い白い花を咲かせ、秋には果実を付けますが、この果実の皮が裂けて赤い種子が表に出てきます。
 この赤い実から別名アカミノキとも呼ばれます。

 モッコクは樹形が良いこともあって庭木として利用され、モチノキマツとともに「庭木の王」と呼ばれるのだそうです。
 材も堅くて美しいく床柱などの建材として重用されており、樹皮は植物染料として利用されるなど有用な植物です。

 名前を漢字で書くと「木斛」となります。
 セッコクというラン科の植物がありましたが、こちらは「石斛」と書きます。モッコクの花の香りがセッコクの香りに似ているところからこのような名前になったという説明を聞いた記憶がありますが、真否のほどは不明です。
 このラン科のセッコクが石についたら「石斛」、木についたら「木斛」と呼ばれるなどと、またややこしい話もあります。

 写真です。

モッコク Ternstroemia gymnanthera

    IMGP1063.jpg  IMGP1064.jpg
この2枚は、撮影:2002年12月31日

    IMGP3192.jpg  IMGP3195.jpg
この2枚は、撮影:2003年8月24日 以上4枚は、『山奥植物園』

    IMGP1780XX.jpg  IMGP1781XX.jpg
この2枚は、撮影:2004年4月24日 奈良県吉野町「如意輪寺」
 ●このモッコクは楠木正行手植えと伝えられるものです。

   
IMGP2978XX.jpg      IMGP2663.jpg
   撮影:2004年6月23日      撮影:2003年7月4日
  神戸市中央区「三宮神社」     明石市「明石公園」
 ●花を見るとなるほどツバキ科の植物だと合点がいきます。

    IMGP0271.jpg   IMGP0283.jpg         
撮影:2003年10月15日 明石市「明石公園」

 モッコクを描いた切手は手元にはありませんでした。
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR