813.希少植物(2):ベニバナヤマシャクヤク

 2012年8月23日に切手の「自然との共生シリーズ 第2集」が発行されました。
 第1集が発行されたのが2011年8月23日ですからちょうど1年になります。この8月23日といのは何かの記念日なのかもしれませんが、ウイキペディアを調べても分かりませんでした。

 今回取り上げられた植物は、ベニバナヤマシャクヤクという植物でした。
 ベニバナシャクヤクは、ボタン科 Paeonia 属(ボタン属)の多年草です。日本の北海道から本州、四国、九州やサハリン、中国北東部、朝鮮半島に分布していますが、日本では絶滅が心配され環境省の「絶滅危惧Ⅱ類(VU)」に指定されています。
 一般のヤマシャクヤクと違って、赤い花を付けます。

 今回発行されたシリーズではこのベニバナヤマシャクヤクの他に、トウキョウトガリネズミ、イヌワシ、メダカ、カブトガニを描いた切手が同時に発行されました。

 写真です。ベニバナヤマシャクヤクの写真がありませんでしたのでこれはウイキペディア英語版から借用し、他のヤマシャクヤクも併せて掲載しました。(ヤマシャクヤクの一部は従来シャクヤクのページに入れていましたが、こちらに移動です)

ベニバナヤマシャクヤク Paeonia obovata

    800px-Paeonia_obovata_flower_001[1]

(左)ヤマシャクヤク Paeonia japonica
(右)
ケヤマシャクヤク Paeonia japonica forma hirsuta

    
IMGP1507XX.jpg    IMGP1558XX.jpg
 この2枚は、撮影:2004年4月18日 亀岡市「大本花明山植物園」

 ヤマシャクヤクを描いた切手です。

ベニバナヤマシャクヤク Paeonia obovata

    stjpn19701.jpg
2012年 日本発行(自然との共生第2集 日本の希少野生動植物)

ヤマシャクヤク Paeonia japonica
 
    stjpn1204.jpg
1998年 日本発行(長野冬季オリンピック記念)

(おしらせです)

 Paeonia属の切手を見ていて、中国で開催された「2009年 世界切手展」を記念して日本から記念切手が発行されていることに気づきました。日本の「切手趣味週間」記念と併せて発行されたものですが、ボタンの記事に追加しておきました。
 ボタン http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-309.html
スポンサーサイト

578.今日の植物(292):カンボタン

 本日の植物は、カンボタンです。先日、再度公園に登る途中でカンボタンの展示をしているのに出合いましたのでご紹介します。

 カンボタンは漢字で書くと「寒牡丹」、ボタンと同じ、ボタン科 Paeonia 属(ボタン属)の植物です。
 普通のボタンと違うところは、普通のボタンは4~5月に咲くのですが、カンボタンの方は春と秋の2回咲く二期咲きの変種なのです。
 その春に咲く蕾は摘みとり、秋にできる蕾のみを10月下旬から1月にかけて咲かせます。
 
 写真です。

カンボタン Paeonia suffruticosa  'Hiberniflora'
 
●「Hiberniflora」は、「冬咲の花の」という意味です。

     P1040317.jpg     P1040318.jpg    P1040316.jpg
 
    P1040319.jpg     P1040320.jpg     P1040321.jpg
 
    P1040322.jpg     P1040323.jpg
以上いずれも、撮影:2012年1月9日 神戸市中央区「花と緑のまち推進センター」

 切手です。以前、ボタンシャクヤクで取り上げた以外のPaeonia 属の切手を載せます。従って、ひょっとしたらシャクヤクの仲間も混在しているかもしれませんがあしからず。

ペオニア・ロマニカ Paeonia romanica

     strom9903.jpg        strom2701.jpg
      1961年発行         1972年発行
 (ブカレスト植物園100年)
以上2枚は、いずれもルーマニア発行

ペオニア・マスクラ Paeonia mascula

    stcyp0103.jpg        stbul1301.jpg
 1990年 キプロス発行  1989年 ブルガリア発行

ペオニア・ペレグリナ Paeonia peregrina

    stmol0104.jpg        strom2204.jpg
1993年 モルドバ発行     1983年 ルーマニア発行

(左)ペオニア・インタメディア Paeonia intermedia
(右)ペオニア・アノマラ Paeonia anomala

    stussr0502.jpg         stmgl0509.jpg
  1974年 (旧)ソ連発行     1986年 モンゴル発行
         
ペオニア・ロディア Paeonia rhodia

    stgrc0206.jpg
  1978年 ギリシャ発行

ボタン属の一種 Paeonia sp.
  
    stswe0601.jpg    stswe0602.jpg    stswe0605.jpg

    stswe0603.jpg    stswe0604.jpg
以上5枚は、2001年 スェーデン発行

    stsmad0101.jpg    stsmad0102.jpg

    stsmad0103.jpg    stsmad0104.jpg
以上4枚は、2011年 オランダ領シント・マールテン発行
 ●オランダ領シント・マールテンは初登場です。カリブ海のセント・マーチン島にあるオランダの自治領です。
 ●この島の北側はフランス領、南側はオランダ領というややこしい地域で、以前属していたオランダ領アンティールが2010年に解体された結果、シント・マールテンとしてオランダの自治領になったということです。

      stbri0103.jpg         stanb0804.jpg
      バーネラ諸島発行         アンティグア・バーブーダ発行
                                (世界の花)

    stkos0101.jpg                    stbhu0104.jpg
2005年 国連コソボ暫定統治機構発行   1965年 ブータン発行

283.今日の植物(101):ボタン

   本日の誕生日の花はボタンです。
 ボタンはボタン科 Paeonia 属(ボタン属)の植物です。
 先に登場したシャクヤクも同じボタン属に属します。シャクヤクが多年草であるのに対してボタンは木という違いがあります。

 古来中国では「花の王」として愛でられた植物であり、日本でも高貴な植物とされてきました。
 食べ物では、ボタモチ(牡丹餅)、牡丹鍋などと牡丹が親しまれてきたことを示しています。

 ボタンの写真ですが、手元には1枚しかありませんでした。もう少し撮った記憶があるのですが・・・・

ボタン Paeonia suffruticosa

    Imgp0247.jpg
 撮影:2002年4月28日 鎌倉市「鶴岡八幡宮」

 続いてボタンを描いた切手です。
 はっきりボタンと判明した分を掲載しました。シャクヤクなのかボタンなのか不明分についてはもう少し時間をかけて見わけしてみます。

ボタン Paeonia suffruticosa

     stjpn0106.jpg       stjpn0332.jpg
   1961年 日本発行    1990年 日本発行
                 (都道府県の花「島根県」)

    stjpn4102.jpg             stjpn5002.jpg
   2006年 日本発行          2000年 日本発行
(ふるさと切手「中国5県の花」)   (ふるさと切手「中国地方の花」)

    stjpn5108.jpg
2007年 日本発行(民営会社発足)

(次の6枚は、2012年10月2日追加分です)

    stjpn18301.jpg     stjpn18302.jpg
 
    stjpn18303.jpgstjpn18304.jpg
 
    stjpn18305.jpgstjpn18306.jpg
2009年 日本発行(切手趣味週間・祝中国2009年世界切手展) 

    stjpn8401.jpg    stjpn8406.jpg
2010年 日本発行 (ふるさと切手「ふるさとの花Ⅶ」)

    stchn0201.jpg          stprk0103.jpg
   1988年 中国発行     1965年 北朝鮮発行
(日中平和友好条約10周年)

以下17枚は、2009年各国の共同発行(洛陽牡丹祭)

    stzam9901.jpg   sttog9903.jpg   stsmo9901.jpg
      ザンビア発行         トーゴ発行         サモア発行
  
    stvan9901.jpg   sttan9903.jpg   stgre9908.jpg
       バヌアツ発行       タンザニア発行       グレナダ発行
 
    stmic9901.jpg   stmgl9905.jpg   stsie9903.jpg
      ミクロネシア発行      モンゴル発行      シエラレオネ発行 

    stlib9901.jpg   stgub9903.jpg   stgun9901.jpg
      リベリア発行       ギニアビサウ発行       ギニア発行

    stdmnc9901.jpg    stanb9901.jpg   stgyn9903.jpg
   ドミニカ(共和国)発行  アンティグアバーブーダ発行   ガイアナ発行
 
   stgha9902.jpg    stpap9905.jpg
      ガーナ発行     パプアニューギニア発行
 ●このように一つのイベントに関して複数の国が記念切手を共同発行するケースというのは余り知りません。
 もちろん、オリンピックのような国際的な大会に関して各国がそれぞれの国で企画して切手を発行するというのはたくさんありますが、その例とは違ってこの17枚の切手は意匠を統一して発行されているような感じがします。
 中国に近いグループの国々ということなのでしょうか。中国の国際戦略のようなものの一面が見えるような気もします。

ボタンの園芸種 Paeonia cv.

     stgre0102.jpg
2003年 グレナダ諸島発行   

211.今日の植物(72):シャクヤク

 本日の誕生花は、シャクヤクです。

 シャクヤクは、ボタン科 Paeonia属(ボタン属)の植物です。ボタンと同じ属でボタンとよく似ているのですが、見分け方は次のようなことが言われています。
 ・シャクヤクは多年草、つまり草なのですが、これに対してボタンは幹が木質になります。
 ・ボタンの葉には深い切れ込みが入っていますが、シャクヤクでは切れ込みがあっても浅いものになっているとのことです。

 シャクヤクはまた、漢方薬としても利用されています。消炎、鎮痛、止血などの効用があるそうです。

シャクヤクの仲間の写真です。

シャクヤク Paeonia lactiflora var. trichocarpa

    211Imgp0249.jpg     
 撮影:2002年4月28日 鎌倉市「鶴岡八幡宮」

シャクヤクの仲間の切手です。

シャクヤク Paeonia lactiflora
 
●「lactiflora」は「乳白色をした花の」という意味ですが、白色以外の花もあります。

    stusa0214.jpg           stcng0102.jpg
 1982年 アメリカ発行    1998年 コンゴ共和国発行
(州の花と鳥「インディアナ州」)

    staua0105.jpg       stjpn2310.jpg
 1964年 オーストリア発行      2003年 日本発行
(国際ガーデンショー)          (日本郵政公社設立)

    stsam0506.jpg           stalb0505.jpg
1971年 サンマリノ発行       1967年 アルバニア発行
                     Paeonia chinensis(=P. lactiflora)

オランダシャクヤク Paeonia officinalis
 
●「officinalis」は「薬用の」という意味ですから薬用植物なのでしょう。

    stsam0101.jpg            stlux0102.jpg
1967年 サンマリノ発行    1959年 ルクセンブルグ発行
                   (モンドルレベーン花の博覧会)

   sthun1901.jpg           stest0201.jpg
 1950年 ハンガリー発行      2007年 エストニア発行

セイヨウシャクヤク Paeonia officinalis rubra plena

    stgui0212.jpg
   赤道ギニア発行

ホソバシャクヤク Paeonia tenuifolia
 
●「tenuifolia」は、「細い葉の」という意味です。
 
    stpol1004.jpg          styug1101.jpg
   1964年 ポーランド発行   1969年 (旧)ユーゴスラビア発行

    stbul3304.jpg
   1977年 ブルガリア発行 

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR