FC2ブログ

2593.今日の植物(2079):タンチョウソウ

 今日の植物は、タンチョウソウという植物です。先日初めて目にした植物です。

 タンチョウソウは、ユキノシタ科 Mukdenia属(タンチョウソウ属、あるいはイワヤツデ属)の植物で、The Plant Listでは1種のみ、ウイキペディアでも2種があるとされている小さな植物群です。

 ウイキペディアには短い情報があって、タンチョウソウは東アジアおよび日本原産の植物だということが記されていました。
 他のサイトの情報によりますと、タンチョウソウは中国東北部から朝鮮半島の山地の岩の上や岩壁に生えるのだそうです。ヤツデのように切れ込みのある葉を持つことから、イワヤツデという名前でも呼ばれています。
 名前を漢字で書くと、「丹頂草」。白い花をつけるのですが、そのつぼみの先端が赤くなり、丹頂鶴を想起させることからこの名前になったということです。
 栽培も割合に楽なようで、人気のある園芸植物のようです。
 
 写真です。自前のもの(左)と、ネットから借用したもの(右)を載せます。

タンチョウソウ Mukdenia rossii
    DSC_0880.jpg    R0015084[1] 
2020年5月21日 美祢市「おほげつ」
 ●右の写真のつぼみには確かに薄紅色が見えます。

 タンチョウソウを描いた切手は手元にはありませんでした。
スポンサーサイト



1350.今日の植物(905):ヒューケラ

 今日の植物は、ヒューケラという植物です。本日の誕生日の花にベルゲニア(ヒマラヤユキノシタ)という植物があるのですが、これは既に登場していますので、同じユキノシタ科からヒューケラを選びました。

 ヒューケラは、ユキノシタ科 Heuchera属(ツボサンゴ属)の多年草およびその植物群の総称で、原産地は北米だということです。37種ほどが知られているということなのですが、種の間で容易に雑種ができ、また他の属との間にも交配種を作ることがあるようで、外見が多様になり分類も難しくなってくるということです。

 園芸品としても多くが出回っています。

 写真です。

(左)ヒューケラ「シトロネル」 Heuchera 'Citronelle'
(右)ヒューケラ「チョコレート・ラッフルズ」 Heuchera 'Chocolate Ruffles'

    P1050092.jpg     P1050102.jpg
この2枚は、撮影:2012年3月20日 西宮市「北山緑化植物園」

ヒューケラ「上海」 Heuchera cv.


    P1060065.jpg    P1060066.jpg

ヒューケラ「ファイアチーフ」 Heuchera cv.


    P1060068.jpg    P1060069.jpg

ヒューケラの一種  Heuchera cv.

       P1060071.jpg     P1060072.jpg
以上の6枚は、撮影:2012年6月3日  西宮市「北山緑化植物園」

 切手は手元にありませんでした。

(と言っていましたが、切手を入手しました)

ツボサンゴ属の一種 Heuchera sp

    stger2010.jpg
2014年 ドイツ発行(普通切手)

752.今日の植物(425):ヤグルマソウ

 今日の誕生日の花、ヤグルマソウです。

 ヤグルマソウは、ユキノシタ科 Rodgersia属(ヤグルマソウ属)の多年草で、日本では北海道西南部から本州にかけて、海外では朝鮮半島に分布しているということです。
 山の中の谷沿いの湿り気のある場所に分布していて、多数の群生を構成することもあるということです。

 名前は、この葉が鯉のぼりにつける矢車に似ているところからきています。
 キク科にもヤグルマソウというのがありました。これは、ヤグルマギクの別称でしたが、名前の由来は同じところから来ています。

 写真です。

ヤグルマソウ Rodgersia podophylla

    IMGP1565XX.jpg        IMGP2223XX.jpg
   撮影:2004年4月18日       撮影:2004年5月15日
  亀岡市「大本花明山植物園」   神戸市「六甲高山植物園」


    638px-Rodgersia_podophylla[1]
 ●こちらはウイキペディアです。この花ならよく見かけますので今度撮ってきましょう。  

 切手は、ヤグルマソウもありませんでした。「切手と写真による日替わり植物図鑑」も切手がなければ単なる植物図鑑・・・・
 申し訳ありません。

747.植物の名前(7):ネコノメソウ

 今日の植物はネコノメソウという植物です。なぜこの植物が登場したかというと、昨日に続いて「猫」シリーズなのです。

 ネコノメソウは、ユキノシタ科 Chrysosplenium属(ネコノメソウ属)の多年草で、わが国の北海道から本州まで広く分布しているということです。
 このChrysosplenium属は世界で約30種ほどが確認されているそうですが、そのうち14種は日本に分布しているということです。日本はネコノメ大国なのです。

 名前の由来は、写真のように開いた果実が猫の目のように見えるところから来ています。たくさんの猫に見られているような錯覚に陥ります。
 英語名は「Cat's Eye」となりそうなのですが、英語圏に分布していないからでしょう「英語名なし」だそうです。

 その写真ですが、1枚だけありました。もう少しこの植物の特徴を捉えた写真があるといいのですが・・・

ネコノメソウ Chrysosplenium grayanum

    IMGP1481XX.jpg
 撮影:2004年4月18日 亀岡市「大本花明山植物園」

 切手は手元にありませんでした。こりゃないでしょうな。

(おしらせです)

 例のPostcrossingでリュウキンカ属の花を描いた絵葉書を送ってもらいました。ちょうど写真がなかった種ですから送ってもらったのを掲載しました。
  エンコウソウ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-318.html

620.今日の植物(320):ヒマラヤユキノシタ

 本日の誕生日の花は、ヒマラヤユキノシタという植物です。

 ヒマラヤユキノシタは、ユキノシタ科 Bergenia属(ベルゲニア属)の常緑多年草で、名前の通りヒマラヤ山脈周辺(アフガニスタンから中国に至る地域)が原産地です。

 大きな葉と鮮やかなピンクの花が印象に残る植物です。時々家庭の花壇でも見かけることがあります。

 写真です。

ヒマラヤユキノシタ Bergenia stracheyi 

    IMGP5475.jpg
撮影:2005年9月19日 兵庫県和知町「わち山野草の森」
 ●花がなくて申し訳ありません。

(次の1枚は、2012年4月2日追加分です)

   CIMG2597.jpg
 ●と言っていましたが、「下関特派員」の「I」さんから写真を送っていただきました。

ベルゲニア・ストラチー・アフガニカ Bergenia stracheyi var. afghanica
 
    IMGP0795XX.jpg

ベルゲニア・キリアータ Bergenia ciliata


    IMGP0793XX.jpg
以上2枚は、撮影:2004年4月3日 京都市「府立植物園」

 切手は手元にはありませんでしたが、ネットで調べてみたところ、ウズベキスタンという国で発行されたものがあるようです。
 e-Bayで入手を試みてみましょう。
     

(以下は2012年4月2日追加分です)

 Bergenia属の切手です。

ベルゲニア・ヒッサリカ Bergenia hissarica

    stuzb0503.jpg
2002年 ウズベキスタン発行
 ●ネット(植物切手を取り上げたサイト)で見つけたこの切手をオークションサイトe-Bayでも発見、うまく入手しました。昨日到着したものです。 
 ●これまで「写真はあるけど切手がありません」というのも結構ありました。今回のように発行国が分かればe-Bayに出品されているかどうかを調べ、うまくいけばそこで入手することもできるということが分かりました。(前にヒマラヤウバユリの切手を入手したときもそうでした・・・・おーこれも「ヒマラヤ」だった!)  

ベルゲニア・コルディフロラ Bergenia cordiflora

    *stdhu0105.jpg
1977年 ドファール発行
 ●このドファールはオマーン国の南部で、独立を目指して反乱を起こしたこともある地域です。そんなこともあって、別個に切手を発行しているのだと思います。
 ●ただ、表記が「Dhufar」となっていますが、これは普通「Dhofar」とつづられるようですから、この切手が本当にドファールから発行されたものかどうかも疑わしいところもあります。
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR