FC2ブログ

2505.今日の植物(1991):クサノオウ

 今日の植物は、クサノオウという植物です。

 クサノオウは、ケシ科 Chelidonium属(クサノオウ属)の植物で、亜種も含めて3種があるとされている小さな属です。
 今回クサノオウを取り上げましたのは、この属を描いた切手が手に入ったことによります。かつてクサノオウの写真をヤマブキソウの記事の中に入れていたのですが、クサノオウ属がヤマブキソウ属とは別の属とされることもあって、気になっていました。

 で、そのクサノオウ属ですが、ウイキペディアの情報によれば、北アフリカからユーラシア大陸に至る地域を原産地とする植物だそうで、現在では西ヨーロッパから東アジアに広く分布しているということです。
 種としてのクサノオウは、日本でも北海道から九州まで広く分布していて、古くから薬草として利用されてきたようです。ここでも毒と薬は紙一重。全草にアルカロイドを含み、葉を傷つけると出てくる黄色い樹液は肌に触れると炎症をおこし、誤食すると麻痺を起し昏睡状態に陥ることもあるということですから要注意です。

  クサノオウという和名がつけられた理由というのがいろいろあって、「草の黄」(黄色い樹液を分泌することから)、「瘡(くさ)の王」(皮膚病に効く薬草)とか「草の王」(皮膚病以外にも鎮痛剤、内臓疾患にも効く薬草の王)などというのがあるとか、どれも怪しいなあ・・・・

 写真です。これまでヤマブキソウの記事に載せていた写真をこちらに移しました。

クサノオウ Chelidonium asiaticum

    IMGP0779XX.jpg    IMGP6445.jpg
    撮影:2004年4月3日   撮影:2006年6月11日
 いずれも、京都市「府立植物園」


 切手です。今回入手したのものです。

クサノオウ Chelidonium asiaticum

    stmgl1902.jpg
2002年 モンゴル発行(薬用植物) 

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を掲載する予定ですので、また覗いてみてください。)
スポンサーサイト

1694.今日の植物(1203):レメリア

 今日の植物、レメリアという植物です。属名Rの植物です。

 レメリアは、ケシ科 Roemeria 属(レメリア属、ロエメリア属)の植物の総称で、The Plant Listには切手に出てくるRoemeria refracta種とその他の雑種2種があげてありました。小さな属のようです。

 ウイキペディアにもこのRoemeria属に関する記事がなかったものですから、記載できる情報が少ないのです。
 少ない中の情報ですが、属名のRoemeriaはスイスの物理学者、植物学者のJohann Jacob Roemer氏(1763~1819)にちなんで命名されたということです。

 また、写真に出ているRoemeria hybrida 種にはケシ科の植物には珍しい紫色の花びらを持つものもあるのだそうです。

 写真です。ネットから借用しています。

(左)レメリア・レフラクタ Roemeria refracta
(右)レメリア・ヒブリダ Roemeria hybrida
 ●このhybridaが雑種という意味です

    roemeria_refracta[1]     roemeria_hybrida[1]

 切手です。1枚ありました。

レメリア・レフラクタ Roemeria refracta

    stussr9905.jpg
1974年 (旧)ソ連発行

1693.今日の植物(1202):ロムネヤ

 今日の植物、ロムネヤという植物です。属名Rから登場です。

 ロムネヤは、ケシ科 Romneya 属(ロムネヤ属、ロムニア属)の多年草で、世界に2種だけが認められている属だということです。
 カリフォルニア州の南部およびメキシコの北部が原産地の植物です。

 このRomneya属は直径13センチのケシ科の中でも最も大きな花を咲かせる植物として知られていて、樹木のような茎を持ち高さは2.5メートルにも達するのだそうです。ちょっとケシの仲間とは思えないような大きさでしょう。

 属名のRomneyaは19世紀のアイルランドの天文学者、物理学者Thomas Romney Robinson氏にちなんだ命名されたということですから、「ロムニア」と読むのが正しいのかもしれません。学名の読み方はなかなかむつかしいのです。
 そういえば、よく似たRomulea(ロムレア)属というアヤメ科の植物もありました。


 写真です。ウイキペディアから借りてきました。

(左)ロムネヤ・コウルテリ Romneya coulteri
(右)ロムネヤ・トリコカリクス Romneya trichocalyx

    800px-Egg-Plant_Bancroft-Garden_(flo)[1]     800px-Romneya_trichocalyx_flower_2003-04-10[1]

 Romneya 属を描いた切手です。

ロムネヤ・コウルテリ Romneya coulteri

    stsvn0504.jpg
1985年 セント・ヴィンセント発行 

1575.今日の植物(1089):スティロメコン

 今日の植物は、スティロメコンという植物です。昨日のスティロフォルムとよく似た名前、ということで取り上げました。

 スティロメコンは、スティロフォルムと同じケシ科で、Stylomecon属(スティロメコン属)の一年草で、この属には写真で出てくるStylomecon heterophylla種の1種だけがあるのだそうです。

 属名のStylomeconはギリシャ語の「stylos(花柱)+mekon(ケシ)」から来ているということで、やはり長い花柱に着目したもののようです。

 このStylomecon heterophylla種は、カリフォルニア州とメキシコの北西部原産の植物で、英語ではWind Poppy(風のヒナゲシ)と呼ばれているようです。

 写真です。

スティロメコン・ヘテロフィラ Stylomecon heterophylla  

    P1050845.jpg     
撮影:2012年5月18日 京都市「府立植物園」

 切手は手もとにありませんでした。
 以上で終わりと、今日の記事はちょっと愛想のない記事でした。

1574.今日の植物(1088):スティロフォルム

 今日の植物は、スティロフォルムという名前の植物です。属名Sです。

 スティロフォルムは、ケシ科 Stylophorum 属(スティロフォルム属)の多年生植物の総称です。このStylophorum 属に分類される植物は3種だけで、この3種は北米東部および中国が原産地だということです。

 この植物の花は黄色で、花柱と呼ばれる花の中央部が特に長いところが特徴だとされています。
 写真と切手に出てくるアメリカヤマブキソウと呼ばれる種がこの属の特徴を代表する種(type species)とされていて、名前の通りStylophorum属は同じケシ科のHylomecon属(ヤマブキソウ属)と近縁なのだそうです。
 そういえばよく似た外観をしています。

 写真です。ウイキペディアから借用してきました。

アメリカヤマブキソウ Stylophorum diphyllum

    800px-Stylophorum_diphyllum_-_woodland_poppy_-_desc-flower_open[1]

 切手です。

アメリカヤマブキソウ Stylophorum diphyllum

    stgue0802.jpg
1991年 ガーンジー発行(自然保護) 
 

(おしらせです)


 「今日の植物」は当初、属名SからSymphyandra(シンフィアンドラ)という属を取り上げる予定にしていたのですが、このSymphyandra属はCampanula(ホタルブクロ)属と同義だということが分かり取り上げる属を変えました。
 その切手を追加しておきました。
  ホタルブクロ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-354.html
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR