2322.今日の植物(1812):ツナソ

 今日の植物は、ツナソという植物です。

 ツナソは、シナノキ科 Corchorus属(ツナソ属)の植物で、The Plant Listでは80種の名前が挙げてありました。一方、ウイキペディアではその種の数は40~100ほどがあると、随分幅のある表記になっています。分類が最終的に決着していないのかもしれません。
 広く熱帯から亜熱帯地域に分布する植物だということです。

 切手に描かれているCorchorus olitorius(シナツナソ、タイワンツナソ)種は一般にジュートと呼ばれ、カーペットの基布や紐や袋などの材料として利用されてきました。ジュートで作られた袋は南京袋と呼ばれるものです。
 またこのシナツマソはアラビア語でモロヘイヤと呼ばれ、こちらでも私たちにも親しい植物です。

 和名のツナソは漢字で書くと「綱麻」、麻に似て綱を作れる所からこの名前になったのでしょうか?ただ、強度が足らず綱の用途には向いていないという情報もありました。
 なおこのCorchorus属は、APGの分類体系ではアオイ科に分類されています。

 写真です。ウイキペディアから借りています。

シナツナソ Corchorus olitorius

    Corchorus_olitorius.jpg

 切手です。

シナツナソ Corchorus olitorius

    stvtn3606.jpg
 1984年 ベトナム発行 
●写真にありますように、Corchorus olitoriusの花は黄色なのですが、ピンクのものもあるのでしょうか?
 
スポンサーサイト

2058.今日の植物(1559):クラッペルトニア

 今日の植物は、クラッペルトニアという植物です。

 クラッペルトニアは、シナノキ科 Clappertonia属(クラッペルトニア属)の植物で、The Plant Listではこの属の植物として3種の名前が挙げられていましたので、小さな属ということになりそうです。
 ただ、この属は、遺伝子解析によるAPGの分類体系ではアオイ科に分類されています。


 いつも頼りにしているウイキペディアにはクラッペルトニアの記事がありませんでしたので、ネットを探してみましたら、切手に描かれているClappertonia ficifolia種に関する記事を見つけました。
 EOL(Encyclopedia of Life)というサイトで、このクラッペルトニアに関する情報もしっかりと書かれていました。このサイトでは地球上の生物に関する情報がまとめられているようで、これからも頼りにしたいと思います。

 で、そのEOLの情報によれば、Clappertonia ficifoliaは2メートルほどの低木で、ピンクがかった紫色の大きな花を咲か、鋭い棘をもった果実を付けるということです。Clappertonia属の特徴もこのClappertonia ficifolia種とよく似たもののようです。
 他のネットの情報では、このClappertonia ficifolia種は元々はアフリカの熱帯地域に分布していたそうですが、熱帯アジアや太平上の島嶼地域やにもたらされたということです。

 写真です。

クラッペルトニア・フィキフォリア Clappertonia ficifolia

    ficifolia.jpg     clappertonia_ficifolia_ms_1525_2431_04a00b[1]
 ●種小名のficifoliaは「クワ属(Ficus)に似た葉の」という意味です。

 切手です。アフリカの国々から発行されていました。ポピュラーな植物なのでしょうか。

クラッペルトニア・フィキフォリア Clappertonia ficifolia

    stsie0411.jpg         stgun0409.jpg
1963年 シエラレオネ発行   1974年 ギニア発行

     stdah0103.jpg         stgam0503.jpg
 1967年 (旧)ダホメ発行     ガンビア発行

    stcaf0302.jpg
   中央アフリカ発行 

1931.今日の植物(1438):グルーイア

      今日の植物は、グルーイアという植物です。

 グルーイアは、シナノキ科 Grewia属(グルーイア属)の植物で、The Plant List には325の種があげてありましたので、これはかなり大きな属ということになります。
 このGrewia属は、最新の遺伝子解析による分類ではアオイ科に分類されるようになったという情報もありました。

 この植物群の分布状況に関する情報がウイキペディアにもありませんでしたが、個々の種に関する資料から見るとアフリカ全域からスリランカ、インド、ネパールなどの広い地域に原産地を持ち分布しているようです。

 写真にもありますように、多彩な色彩の花を持っているようです。また、種によっては果実が食用になるものや、薬用植物として利用されるものもあるようです。

 写真です。切手に取り上げられているものを探してきました。

(左)スイレンボク Grewia occidentalis
(右)グルーイア・シミリス Grewia similis

    Grewia_occidentalis[1]    Grewia similis

(左)グルーイア・ダミネ Grewia damine
(右)グルーイア・グランドゥロサ Grewia glandulosa

    Grewia_damine_is_it_W_IMG_1741[1]    Grewia glandulosa

グルーイア・フラバ Grewia flava

      Grewia_flava_20090118_Arandis_023[1] 

 切手です。多くの国から発行されていて驚きました。この植物がそれぞれの地ではポピュラーな植物であることを示しているようです。

(左)スイレンボク Grewia occidentalis
(右)グルーイア・シミリス Grewia similis

    stvnd0201.jpg         stuga0404.jpg
  1987年 ベンダ発行    1969年 ウガンダ発行

(左)グルーイア・ダミネ Grewia bicolor(= damine)
(右)グルーイア・グランドゥロサ Grewia salicifolia(= glandulosa)

    stmar0104.jpg         stino0101.jpg
1966年 モーリタニア発行  1975年 英領インド洋地域発行

グルーイア・フラバ Grewia flava

    stbot0801.jpg
1988年 ボツワナ発行(クリスマス)

1800.今日の植物(1309):ナンヨウザクラ

 今日の植物は、ナンヨウザクラという植物です。

 ナンヨウザクラは、シナノキ科 Muntingia属(ナンヨウザクラ属、ムンティンギア属とも)の常緑樹で、この属には切手に出てくるMuntingia calabura種の1種のみが確認されているているということです。

 もともとはカリブ海沿岸からペルーの熱帯アメリカ原産の植物ですが、現在では熱帯地帯の各国で観賞用あるいは食用にと盛んに栽培されるようになっているということです。
 果実は赤く香と甘みがあって食べることができるということです。

 この植物はいわゆるPioneer Plantと呼ばれる植物で、痩せた土地に最初に分布できる植物の一つです。
 現在この植物を栽培目的で移入した地域では、繁茂しすぎて現地の在来の植生を乱しているという情報がウイキペディアにありました。

 写真です。ウイキペディアから借りてきました。

ナンヨウザクラ Muntingia calabura


    Muntingia_Calabura_flowers_fruit[1]

 切手です。

ナンヨウザクラ Muntingia calabura

    stdmn0401.jpg
1999年 ドミニカ国発行

1527.今日の植物(1043):スコウテニア

 今日の植物、スコウテニアという植物です。

 スコウテニアは、シナノキ科 Schoutenia属(スコウテニア属)の植物の総称で、東南アジアを中心に分布する植物のようです。

 ウイキペディアによれば、このSchoutenia属の植物(樹木になるようです)の多くが絶滅が危惧される植物に指定されているということです。
 一方、切手に出てくるSchoutenia glomerata種はタイやマレーシア、インドネシアなどに分布していて、タイ全域の高地にみられるということです。

 これでシナノキ科は3つ目となります。 これまで登場したのは、次の2つです。
  ラセンソウボダイジュ

 写真です。

スコウテニア・グロメラタ Schoutenia glomerata


    imagesXV4VVENO.jpg       ruanpwn9[1]

 切手です。

スコウテニア・グロメラタ Schoutenia glomerata

    sttha1001.jpg 
2001年 タイ発行(新年)
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR