1465.今日の植物(987):ハエジゴク

 今日の植物は、ハエジゴクという植物です。
 先日ハエドクソウという植物が登場しましたが、そういえばハエジゴクというのもあったなあ、ということで本日登場です。

 ハエジゴクは、モウセンゴケ科 Dionaea属(ハエジゴク属、ハエトリグサ属とも)の常緑多年草で、元々はアメリカのノースカロライナ州からサウスカロライナ州に分布する植物だということです。
 名前の通り食虫植物としても良く知られていて、虫が止ると葉が閉じて周囲の刺が蓋の役割を果たす、という方式で虫をとらえるのだそうです。
 
 このDionaea属は、写真と切手で出てくるDionaea muscipula種の1種だけを持つ属だということです。

 ついでに「ハエ」を名前の一部に持っている植物は他にないかと探してみたのですが、先のハエドクソウくらいしか見当たりませんでした。

 写真です。

ハエジゴク(ハエトリグサ) Dionaea muscipula

    IMGP0343XX.jpg      IMGP0344XX.jpg
この2枚は、撮影 :2004年3月25日 大阪市「天王寺植物園」

    IMGP2791.jpg       IMGP4259.jpg
    撮影:2003年7月27日     撮影:2004年10月17日
  大阪市「咲くやこの花館」    尼崎市「都市緑化植物園」
 ●白い可憐な花を持っているのですが、この刺に捕まってはいけません・・・痛そう

 Dionaea属を描いた切手です。 1枚ありました。

ハエジゴク(ハエトリグサ) Dionaea muscipula

    stlao0701.jpg
1995年 ラオス発行(食虫植物)
 ●これも怖そうに描かれています。
スポンサーサイト

823.今日の植物(481):モウセンゴケ

 本日の植物は昨日に引き続き属名Dからモウセンゴケという植物です。

 モウセンゴケは、モウセンゴケ科 Drosera属(モウセンゴケ属)の多年草です。日本をはじめ北半球に広く分布しているということです。
 モウセンゴケはいわゆる食虫植物です。杓子状の葉にある多数の腺毛から粘液を分泌してこれで小さな昆虫を捕えるのです。
 この腺毛が赤い色をしていて、密生すると赤い毛氈をひきつめたように見えることからモウセンゴケという名前がきたようです。

 モウセンゴケ科としては既にムジナモが登場しましたが、このモウセンゴケの方が本家筋に当たります。

 写真です。

モウセンゴケ Drosera rotundifolia

    P1040889.jpg     P1040890.jpg
撮影:2012年2月12日 東京都「夢の島熱帯植物園」 

(左)ドロセラ・アデラエ Drosera adelae
(右)ドロセラ・カペンシス・アルバ Drosera capensis alba

    
IMGP3138.jpg    IMGP3140.jpg
    
以上2枚は、撮影:2003年8月17日 大阪市「天王寺植物園」

 切手です。


モウセンゴケ Drosera rotundifolia

    stfra0202.jpg
  1992年 フランス発行

イシモチソウ Drosera peltata

    sttha3801.jpg
  2009年 タイ発行(新年)

528.今日の植物(274):ムジナモ

 本日の植物は、属名ABCによりムジナモという植物です。

 ムジナモは、モウセンゴケ科 Aldrovanda属(ムジナモ属)の多年生水生植物で、1属1種の食虫植物です。

 ムジナモは日本では1890年に植物学者牧野富太郎氏によって発見されましたが、その後干拓やアメリカザリガニによる食害、農薬の流入などの生育環境の悪化により1967年には野生状態のものは絶滅したとされています。
 環境省のレッドリストでは、絶滅危惧種ⅠAに指定されています。

 ムジナモは、地面に固定されずいわば水中(水面)を漂って生活しています。写真のように放射状に出ている補虫網で小さな昆虫を捕えるのですが、昆虫がこの網に触れると素早くこれを閉じて昆虫を絡め取るのだそうです。

 ムジナモの写真ですが、これもありませんでしたのでウイキペディアからの借用です。

(以下、2013年10月21日追加分です)

 と言っていたのですが、手元に写真がありました。上の窓の明かりを映しこんでいていささか見にくいですが、写真を2枚掲載しておきます。

ムジナモ Aldrovanda vesiculosa

    P1070646.jpg     P1070647.jpg
撮影:2012年10月14日 姫路市「手柄山熱帯植物園」
   
    537px-AldrovandaVesiculosaHabit[1]

 ムジナモを描いた切手です。 2枚ありました。

ムジナモ Aldrovanda vesiculosa

    stjpn9904.jpg        strom2903.jpg
   1997年 日本発行    1966年 ルーマニア発行
 (ふるさと切手「埼玉県」)

 ●切手に描かれている沼は宝蔵寺沼という沼で、この沼でムジナモの養殖が試みられています。ムジナモを「放流」して育てようとしているのだそうですが、魚が食べたりというようなことでなかなかうまくいかないようです。 
 ●このように、絶滅の危機に直面している植物を取り上げるというのは良いと思います。
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR