1606.今日の植物(1118):ファグレア

 今日の植物は、ファグレアという植物です。

 ファグレアは、マチン科 Fagraea属(ファグレア属、ゴムミカズラ属とも)の植物群です。
 昨日に続いてマチン科の植物です。

 この属は、アジア、オーストラリア、太平洋の島嶼地域の森や沼地に分布しているということですが、最も多く分布しているのはマレーシアだということです。

 この属に含まれる種は約70種ほどで、材木および香料として使われる種があるようです。
 大きな良い香りを持った種もあって、樹木として栽培されているものも多いようです。

 このFagraea属でややこしいのは、遺伝子解析に基づくAPGの分類体系ではなんとリンドウ科に分類されるのだそうです。ほんまかいな・・・という感じなのですが間違いないようです。

 写真です。これもネットから借用してきました。

テンブス Fagraea fragrans


    800px-$5_tree[1]     Fagr_frag_Sugumaran_www[1]
 ●この種は現地語でテンブスと呼ばれているようです。種小名が「fragrans」とされているように良い香りを持った花をつけるということです。

ファグレア・ベルテリアナ Fagraea berteriana

     Pua_kenikeni_Fagraea_berteriana_a0002983[1]

 切手です。上記の分布地域の各国から発行されています。人気のある植物だということがうかがえます。

テンブス Fagraea fragrans

    stmic0201.jpg      stsin1110.jpg
    シンガポール発行       2010年シンガポール発行

    sttha0804.jpg
  1999年 タイ発行(新年)   

ファグレア・ベルテリアナ Fagraea berteriana

    stniu0101.jpg        stsin0404.jpg
  1969年 ニウエ発行    1994年 ミクロネシア発行
スポンサーサイト

1605.危ない植物(16):マチン

 随分久しぶりになりますが、「危ない植物」、マチンという植物です。

 マチンは、マチン科 Strychnos属(マチン属)の樹木およびその植物群の総称です。
 ウイキペディアによりますと、Strychnos属には約100種が含まれているとされており、そのほかに確認されていない種が200種程度あるということです。

 この植物が「危ない」のは、ストリキニーネというアルカロイドを含む種があるからです。
 このストリキニーネは小動物を殺傷するために使用される毒性のつよいもので、写真に出てくるStrychnos nux-vomica種(マチン種)に含まれています。
 毒薬もうまく使えば薬、の通りでこのStrychnos nux-vomicaは薬草としても使われるのだそうです。

 マチン科といえば、2年半ほど前にカロライナジャスミンという植物が登場して以来です。カロライナジャスミンも有毒ということでした。

 私も誤解していましたが、マラリア原虫に対して毒性を持つキニーネという物質がありますが、今回のストリキニーネとは全く別物だということです。キニーネは当初はキナノキという植物から採られていました。

 写真です。

(左)マチン Strychnos nux-vomica
(右)ストリクノス・スピノサ Strychnos spinosa

    2472[1]       800px-Strychnos_spinosa_MS_10325[1]
 ●ちょっと見たところカキに似ているようにも見えますが、要注意です。

 切手です。

ストリクノス・スピノサ Strychnos spinosa

    stzil0103.jpg
1990年  ジール・エルワネ・セセル(有毒植物Ⅱ)

563.今日の植物(281):カロライナジャスミン

 久しぶりに「本日の誕生日の花」、カロライナジャスミンという植物です。

 カロライナジャスミンは、マチン科 Gelsemium属(ゲルセミウム属)の常緑の蔓性低木です。
 原産地は北米南部からグアテマラに至る地域で、切手にあるようにサウスカロライナ州の州花です。日本でも観賞用に生垣のようにして栽培されているのをよく見かけます。

 芳香があるところからジャスミンという名前をつけられていますが、本家のモクセイ科のジャスミンとは科も違う別の植物です。
 香りは良いのですが、全草に毒を持っており、ジャスミンティーとして飲んで中毒に陥った例もあるそうですから要注意です。

 マチン科は初めて登場しますが、世界に15属400種程度の植物があるそうです。
 マチン科は以前はフジウツギ科(このブログではフサフジウツギが登場しています)と一緒の科とされていたのですが、その後分けられたそうです。

 写真です。

カロライナジャスミン Gelsemium sempervirens
 ●種小名の「sempervirens」は、「常緑の」という意味です。

    IMGP1349XX.jpg     IMGP1350XX.jpg
 撮影:2004年4月14日 明石市「明石公園」

    IMGP6306.jpg     IMGP6311.jpg
撮影:2006年5月2日 尾道市生口島「耕三寺」
 ●カロライナジャスミンには一重と八重のものがあるそうですが、どちらも一重のようです。

 切手です。 1枚ありました。

カロライナジャスミン Gelsemium sempervirens

    stusa0240.jpg
1982年 アメリカ発行(州の鳥と花「サウスカロライナ州」)
 
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR