592.危ない植物(9):マオウ

 昨日に続いて「危ない植物」で、マオウという植物です。

 マオウは、マオウ科 Ephedra属(マオウ属)の常緑低木で、約50種がユーラシアから北アフリカ、南北アメリカの乾燥地に分布しているようです。

 マオウは漢字では「麻黄」(あるいは「麻苧」)と書きます。気管支喘息に効果のあるエフェドリンという物質を含み生薬として使われていて、現在でも医薬品の原料として利用されています。

 ですが、「薬草も使い方を誤ると毒草」の例にもれず、マオウも危ない植物に当たります。
 このエフェドリンは一時期アメリカなどでダイエット用に使われていたこともあったようですが、危険性を指摘され多くの国で個人が使用することが禁止されました。日本でも覚醒剤取締法の対象となっています。

 美しくなるのは危険と隣り合わせ、というのはいつの時代も変わらないようですな。

 一時期「脱法ハーブ」が話題になっていましが、「脱法」は物質そのものは法律で禁止されたものではないのですが、使用方法によっては違法になる場合もあるというものです。
 一方、このエフェドリンは法律の対象になっていますからこれを所持していたり、使ったりしたら「違法」なのです。

 Ephedra属の写真です。手元にはありませんでしたので、またウイキペディアです。

フタマタマオウ Ephedra distachya

    800px-Ephedra_distachya_(male_plant_in_bloom)[1]     800px-Ephedra_distachya_(with_cones)_2011_1[1]
 
    Ephedra_distachya[1]
 ●確かにひと癖ありそうな風体ですな。 

(次の1枚は、2013年11月11日追加分です)

シナマオウ Ephedra sinica

    P1050163.jpg
撮影:2012年3月26日 東京都「星薬科大学」 
 
切手です。1枚ありました。

シナマオウ Ephedra sinica

    stmgl0505.jpg
  1986年 モンゴル発行
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR