719.音楽の植物(32):ガマ

 昔の歌で忘れかけていましたが、「大黒様」という曲に本日の誕生日の花ガマが登場します。花というのも妙ですが、本日の誕生日の花の一つになっております。

 「大黒様」:http://62145040.at.webry.info/200911/article_3.html

 ガマは、ガマ科 Typha属(ガマ属)の多年草の抽水植物(というのだそうです)です。抽水植物というのは、根が水中にあって茎や葉を伸ばして水面上に出る植物を言うのだそうです。今回初めてしりました。

 我が国の各地始め広く世界中に分布しているようです。
 花粉には薬効成分が含まれており、生薬では「穂黄」と呼ばれる利尿剤となるということです。

 漢字で書くと「蒲」。食品に「蒲鉾」というのがありますが、古くは材料を現在の竹輪のように竹に巻きつけて焼いた形がこのガマに似ているところからこの名前になったそうです。板蒲鉾になる前ということになります。

 大国主命と因幡の白兎の昔話にもこのガマが登場します。
 ワニをだましたウサギはワニに皮を剥がれて泣いていましたが、通りかかった大国主命にこの「穂黄」をつけるように言われて傷を治します。(上の唱歌の「大黒様」では、ガマの「ほわた」に包まるように言ったとされていますが、両者が混同されたのかもしれません)

 Typha属の写真です。

ガマ Typha latifolia

    IMGP2660.jpg
撮影:2003年7月4日 明石市「県立明石公園」

ヒメガマ Typha angustifolia
 
    IMGP2994.jpg
 撮影:2003年8月3日 豊中市「北山都市緑化植物園」
 ●ヒメガマは、下方にある雌花序と上方にある雄花序が離れていて茎が見えるという特徴があります。上のガマの場合は両方がくっついています。

 Typha属を描いた切手は手元にはなかったのですが、ネットで調べるとボツワナという国から発行されているということが分かり、例のe-Bayで入手することができました。
 この記事の掲載までに間に合うかどうか微妙なところです・・・


(以下、2012年7月7日 追加分です)

ガマ Typha latifolia
 
    stbot0404.jpg
1987年 ボツワナ発行(クリスマス)
 ●eBayで入手した切手が、遅ればせながら到着しました。
 ●この切手は4枚のセットで発行されていますが、他にカヤツリグサの仲間を描いたのなどユニークなセットになっています。で、これがクリスマス切手ですから面白いです。
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR