2074.今日の植物(1575):ミズワラビ

 今日の植物は、ミズワラビという植物です。

 ミズワラビは、イノモトソウ科 Ceratopteris属(ミズワラビ属)に分類されるシダ植物で、シダ植物にしては極めて珍しく水生の植物なのです。
 Ceratopteris属の分類については諸説があるようで、The Plant List および英語版のウイキペディアではPteridaceae(イノモトソウ科)としてありましたが、日本語版のウイキペディアではAdiantaceae(ホウライシダ)科とし、分類によってはCeratopteridaceae(ミズワラビ)科とする場合もある、と同じウイキペディアでも違っているのです。
 よくお世話になっているY Listというのがあるのですが、ここでもイノモトソウ科とされていましたので、数の上からいくとイノモトソウ科が有力でしょうか?いずれにして、シダ植物の分類はよく分からん・・・というところです。

 このCeratopteris属の植物は、4~6種が熱帯の湿潤な地域に広く分布し、日本でもミズワラビ(Ceratopteris thalictroides)種が本州中部以南に分布しているということです。
 この種はかつては日本の水田でよく見られたのだそうですが、除草剤の普及によってほとんど見られなくなっているようです。
 よく育つ地域ではこの葉を食用にしたこともあったということですが、現在では水槽の水草として使われる例が多いということです。

 写真です。

(左)ケラトプテリス・コルヌタ Ceratopteris cornuta
(右)
ミズワラビ Ceratopteris thalictroides

    Ceratopteris_cornuta_in_aquarium_alone[1]     Ceratopteris_thalictroides[1]

 切手です。

ケラトプテリス・コルヌタ Ceratopteris cornuta

    stbot1203.jpg
1992年 ボツワナ発行(クリスマス)
 ●ボツワナのクリスマス切手はこのような植物を取り上げるなど、ユニークなシリーズでいいですね。ボツワナではポピュラーな植物なのでしょうか。

スポンサーサイト

1308.今日の植物(872):アクティニオプテリス

 今日の植物は、アクティニオプテリスという植物です。本日の誕生日の花のひとつにゼンマイがあるのですが、これは切手も写真もないということで、同じシダの仲間のアクティニオプテリスという植物にしました。

 アクティニオプテリスは、イノモトソウ科 Actiniopteris属(アクティニオプテリス属)のシダ植物の総称で、世界には5種ほどがあるそうでアフリカ、マダガスカルからアジアの熱帯地方に分布しているということです。
 その多くは小葉で形成される扇形の葉に特徴があり、観葉植物としても人気があるようです。 

 ですが、この植物も見たことがありませんなあ・・・

 写真です。ウイキペディアから借用です。

アクティニオプテリス・ラディアタ Actiniopteris radiata

    800px-Actiniopteris_radiata00[1]     800px-Actiniopteris_radiata01[1]

 切手です。1枚ありました。

アクティニオプテリス・ラディアタ Actiniopteris radiata

    stvnd0702.jpg
  1985年 ベンダ発行

 

1142.今日の植物(750):アノグランマ

 今日の植物は、アノグランマという植物です。本日の誕生日の花のゼンマイに代ってシダの仲間から登場です。
 この(!)アノグランマは未掲載のシダ植物の中でアルファベット順で一番最初にあったので登場した次第です。
 この植物の名前、「あのおばあちゃん」(?)と面白い名前です。

 アノグランマは、イノモトソウ科 Anogramma属(アノグランマ属)の植物の総称で、約10種を含む小さな植物群です。
 ウイキペディアによれば、世界中に分布しているようで日本にも Anogramma makinoi という種が分布しているということです。ですが、これは見たことがありません。

 写真です。

(左)アノグランマ・レプトフィラ Anogramma leptpohylla
(右)アノグランマ・アセンショニス Anogramma ascensionis

    450px-Anogramma_leptophylla[1]     Anogramma_ascensionis[1]
 ●この2枚はウイキペディアから借用してきました。 

 切手です。

アノグランマ・レプトフィラ Anogramma leptpohylla

    stjer0401.jpg
1972年 ジャージー発行
 ●この種も温帯から亜熱帯地方に広く見られる種だということです。日本でも見ることができるかもです。

943.甲子園口植物園の植物(34):イノモトソウ

 久しぶりの甲子園口植物園の植物、イノモトソウという植物です。本日の誕生日の花にゼンマイがあったのですが、これは写真があるだけ、それも本当にゼンマイかどうか怪しいものでしたので、同じシダ植物のイノモトソウにしました。

 イノモトソウは、イノモトソウ科 Pteris 属(イノモトソウ属)常緑のシダ植物で、わが国の東北地方南部以南の本州、四国、九州のほか朝鮮半島、台湾、中国、インドシナと広い地域に分布しています。

 名前を漢字で書くと「井許草」で、井戸の脇などに生えていることからこの名前になりました。
 よく石垣の間に生えているのを見かけることがあります。

 Pteris 属の写真です。

イノモトソウ Pteris multifida

    
IMGP3263.jpg
撮影:2003年8月30日 『甲子園口植物園』
 ●自宅からJR甲子園口駅に行く途中の石垣に生えています。時々刈り取られるのですが、また姿を現す逞しいやつです。

フイリイノモトソウ Pteris enciformis cv. Victoriae

     IMGP0540.jpg           IMGP2331X.jpg
   撮影:2003年10月28日         撮影:2004年1月18日
神戸市「市立フルーツフラワーパーク」  神戸市「市立須磨離宮公園」

     IMGP2543X.jpg
  撮影:2004年1月24日 宇治市「宇治市植物公園」

オオバノイノモトソウ Pteris cretica

    IMGP0486XX.jpg
撮影:2004年3月27日 京都市「府立植物園」

 切手ですが、手元にありませんでした。これも発行されていないかも・・・・


(以下、2013年10月22日追加分です)

 と言っていたのですが、切手を入手しました。

プテリス・トリパルティア Pteris tripartia

    *sttuv0404.jpg
  1987年 ツバル発行
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR