1373.今日の植物(922):タペイノキルス

 一昨日に続いてこれまで登場してこなかった科の植物、タペイノキルスという植物です。

 タペイノキルスは、オオホザキアヤメ科 Tapeinochilus属(タペイノキルス属)の多年草の総称です。
 このTapeinochilus属に関する情報はあまりないのですが、東南アジア、インドネシアからオーストラリアあたりに分布している植物ではないかと思います。

 写真に出てくるTapeinochilus種はワックスジンジャー(Wax Ginger)と呼ばれるなどショウガ科に近い植物のようで、現にこのTapeinochilus属をショウガ科に分類している解説もありました。これは、遺伝子に基づく分類体系の中でショウガ科とされたのかも知れません。

 このオオホザキアヤメ科には4属100種余りが属しているということです。
 そこで、初めて気付いたのですが、既に登場しているCostus(ホザキアヤメ)属をショウガ科としていたのですが、これは誤りでどうもこのオオホザキアヤメ科のようなのです。ということは、このTapeinochilus属が初登場ではないということになります。
 で、既に掲載済みのコスタスの記事も修正しました。

 もうひとつややこしい話しですが、このタペイノキルス属は資料によって「Tapeinochilus」と「Tapeinochilos」と2種類の綴り方がされています。どっちが正解なのか現時点では不明につき、とりあえず「Tapeinochilus」としておきます。

 Tapeinochilus属の写真です。

ワックスジンジャー Tapeinochilus ananasae

    IMGP2652XX.jpg
撮影:2004年5月30日 名古屋市「東山植物園」

     P1080226.jpg     P1080227.jpg
撮影:2012年11月22日 京都市「府立植物園」  

 Tapeinochilus属を描いた切手は手元にありませんでした。

 
スポンサーサイト

671.今日の植物264):コスタス

 本日の植物は、属名Cからコスタスという植物です。

 コスタスは、オオホザキアヤメ科 Costus属(ホザキアヤメ属)の植物で、熱帯アメリカを中心とした地域を原産地としています。

 日本語の属名のホザキアヤメというのは、この植物の外観から付けられたのでしょうか。でも、この植物がアヤメとは縁の遠い植物であることを考えると、余り良い命名ではないです。

 Costus属の写真です。

コスツス・マロルティアヌス Costus maroltieanus

    
IMGP3676XX.jpg    IMGP3677XX.jpg
撮影:2004年9月7日 東京都「新宿御苑」

コスツス・スピラリス Costus spiralis

    IMGP2585XX.jpg
撮影:2004年5月30日 名古屋市「東山植物園」

フクジンソウ Costus speciosus         

(この写真は、Cheilocostus(ケイロコスタス)の記事に移しました。)
    
撮影:2004年9月7日 東京都「新宿御苑」
 ●フクジンソウの原産地は東インドから台湾のアジア地域です。
 ●フクジンソウは漢字で書くと「福神草」。由来は不明ですが、「福神漬け」を思い浮かべてしまいます。 

 Costus属を描いた切手です。

フクジンソウ Costus speciosus  (ここの切手4枚もCheilocostus(ケイロコスタス)の記事に移しました)

    
        
2004年 インドネシア発行   2003年 ブルネイ発行

    
        
  1975年 ベトナム発行      マレーシア発行

コスツス・スペクタビリス Costus spectabilis

    
stcmr0210.jpg           stcng9903.jpg
1963年 (旧)カメルーン連邦共和国発行  1963年 コンゴ共和国発行
       (不足税切手)

    *stgam0611.jpg
 1992年 ガンビア発行

コスツス・アファー Costus afer

    strwa0404.jpg        *stcti0604.jpg
  1968年 ルワンダ発行  1986年 コートジボワール発行

(左)コスツス・インカヌシアヌム Costus incanusiamus
(右)ベニバナフクジンソウ Costus igneus

     *
stcti0403.jpg           stlib0205.jpg
1980年 コートジボワール発行 1955年 リベリア発行

(左)コスツス・マクランタス Costus macranthus
(右)コスツス・アラビクス Costus arabicus

    
stcngb0215.jpg                stsrn0710.jpg
1952年 (旧)ベルギー領コンゴ発行  1983年 スリナム発行
    (普通切手) 

コスツス・ディンクラゲイ Costus dinklagei

   *stgab0503.jpg
 1969年 ガボン発行
(おしらせです)

 昨日、日生中央駅を起点に周辺を歩いて来ました。コースはざっと次の通りです。
  能勢電鉄「日生中央」駅⇒猪名川町民田地区⇒龍化つり橋(昼食)⇒龍化隧道⇒雨森山⇒「日生中央」駅
 実は民田地区まで行く予定ではなかったのですが、途中で雨森山に登る分岐点を見落として通過してしまったのです。
 当日、出合った植物の写真を追加しておきました。
  ショウブ   http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-715.html
  タニウツギ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-462.html
 
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR