1386.今日の植物(934):ギロカルプス

 今日の植物は、ギロカルプスという植物です。昨日のハスノハギリの記事を作っていて、手元にもう一つ同じハスノハギリ科の切手があるのを知って取り上げました。

 ギロカルプスは、ハスノハギリ科 Gyrocarpus 属(ギロカルプス属)の植物の総称で、熱帯地帯に分布する植物群のようです。
 この属に属している種はそんなに多くないようで、ウイキペディアには4種ほどが挙げてありました。

 写真と切手に出てくる、Gyrocarpus americanus種が主要な種のようで、Helicopter Tree(ヘリコプターの木)とか Propeller Tree(プロペラの木)と呼ばれているということです。どうやら果実に着目した命名のようです。

 写真です。

ギロカルプス・アメリカヌス Gyrocarpus americanus

    365px-Gyrocarpus_americanus_tree[1]     800px-Gyrocarpus_fruits_MS5945[1]
  ●右が果実です。カエデのような外観ですが、やはりくるくる回って落下するのでしょうか。

 Gyrocarpus 属を描いた切手です。

ギロカルプス・アメリカヌス Gyrocarpus americanus

    stvnd0603.jpg
   1984年 (旧)ベンダ発行   
スポンサーサイト

1385.今日の植物(933):ハスノハギリ

 未登場の科の第3弾、ハスノハギリという植物です。

 ハスノハギリは、ハスノハギリ科 Hernandia属(ハスノハギリ属)の植物(および植物群)です。
 属としてのハスノハギリ属には15種程度が知られているそうです。

 そのうち、写真と切手に登場するハスノハギリという種は日本にも分布しているということですが、見たことはありませんな。南方に分布しているようです。

 この初登場のハスノハギリ科には、4属10種程度が属している小さな科だそうです。被子植物としては原始的な姿をしているそうで、亜熱帯から熱帯地域に多く分布しているようです。

 写真です。

ハスノハギリ Hernandia nymphaeifolia
 ●種小名の「nymphaeifolia」は「ハスに似た葉を持つ」という意味ですから和名と同じ着眼点です。和名の場合は、それにキリがあって、「ハスの葉のような葉を持ったキリに似た・・・」となるのでしょうか。

    P1110214.jpg
撮影:2014年1月23日 東京都「新宿御苑」

    764px-Hernandia_nymphaeifolia[1]     450px-Hernandia_nymphaeifolia_-_Koko_Crater_Botanical_Garden_-_IMG_2163[1]
 ●上の写真は自前の写真ですが、なんともこれではどんな植物なのかよくわかりません。で、やはりウイキペディアにお世話になっております。

 切手です。

ハスノハギリ Hernandia nymphaeifolia

    sttok0202.jpg
    1987年 トケラウ発行
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR