FC2ブログ

2686.今日の植物(2170):グニディア

  今日の植物は、グニディアといいます。未登場の科はジンチョウゲ科に入ってきました。

 グニディアは、ジンチョウゲ科 Gnidia属(グニディア属)の植物で、The Plant Listでは157の種があげてありましたので、かなり大きな属ということになりそうです。

 ウイキペディアの情報によりますと、この属の植物は、アフリカ、マダガスカル、アラビア半島、インド、スリランカといった地域に分布しているということですが、その半分以上の種はアフリカ南部に固有の種だということです。

 ネットにこの種に関する情報がありました。それによりますと、この種は草本としては6メートルに、木本としては15メートル、中には24メートルにもなるものもあるということです。
 薬草としても利用され、他に繊維の原料、殺虫剤と幅広く有用な植物とされています。また、着火材として使われたり、幹は毒性があり毒矢の毒となり、魚を取るのにつかわれるという情報もありました。

 属名のGnidia は、古代ギリシャ(現代ではトルコに属している)の都市Knidosに由来するという情報もありました。

 写真です。これもネットから借用です。

グニディア・グラウカ Gnidia glauca

    Gnidia glauca    Gnidia glauca2

 切手です。

グニディア・グラウカ Gnidia glauca

    stuga0703.jpg
1990年 ウガンダ発行(大阪花博)
 ●この切手と一緒に発行されたセットはこちら⇒切手植物図鑑 
  大阪花博を記念した切手ですが、日本のことは余り意識をしていないように思われます。
スポンサーサイト



1442.山奥植物園の植物(48):ギンリョウソウ

 山奥植物園の植物の第48弾は、ギンリョウソウという植物です。
 先日知人のお宅のお墓に参ったのですが、そこの落ち葉の中に咲いていました。

 ギンリョウソウは、シャクジョウソウ科 Monotropastrum属(ギンリョウソウ属)の多年草で、わが国全土で山地のやや湿り気のあるところに分布しているということです。ほかに千島列島、樺太、朝鮮半島、中国から台湾、インドシナ、ビルマやヒマラヤといった広い地域に分布しているということです。

 代表的な腐生植物だそうで、林の中のベニタケという属の菌類に寄生し、そこから栄養を得て生活しているのだそうです。そのベニタケがまた、樹木から栄養を得ているのですから、二重の栄養補給を受けているといえます。
 名前を漢字で書くと「銀竜草」、別名は、ユウレイタケ。その姿から命名されたものと思われます。

 シャクジョウソウ科というのは初登場ですが、5~8属、15種程を含む科です。
 その全てが腐生植物で、葉緑素を持たないで禽類に寄生して栄養を摂取しているということです。
 遺伝子解析による分類体系では、このシャクジョウソウ科の植物はツツジ科に取り込まれています。これも、なんとなくイメージが合いません。

 科名のシャクジョウは「錫杖」、遊行僧が持つ仏具の一つです。そういえばヒナノシャクジョウという植物(科名)もありました。

 写真です。

ギンリョウソウ Monotropastrum humile

    P1130078.jpg     P1130080.jpg
撮影:2014年5月30日 『山奥植物園』 
 ●日光と影との間で見落としそうな恰好でひそかに咲いていました。

 切手は手元にありませんでした。
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR