1496.今日の植物(1015):ヤブレガサウラボシ

 今日の植物は、ヤブレガサウラボシという植物です。
 これまで登場していない科の植物を検索したところ、このヤブレガサウラボシにあたりました。

 ヤブレガサウラボシは、ヤブレガサウラボシ科 Dipteris 属(ヤブレガサウラボシ属)のシダ植物です。

 このヤブレガサウラボシ科は、ヤブレガサウラボシ属の1属からなる科で、そのヤブレガサウラボシ属には世界に7種が知られているということです。

 そのうちのヤブレガサウラボシという種は日本にも分布していて、琉球列島と石垣島、西表島に自生しているということです。

 ウイキペディアによりますと、ヤブレガサウラボシの特徴はその独特の形にあるといいます。
 小さい苗では葉は左右対称の形をしていて、成長するに従って先端の中央に切れ込みが入り(この時点ではハート形に近くなります)、その後それぞれにまた切れ込みが入り、というのを繰り返すのだそうです。その結果、左右対称に細かな切れ込みの入った形になるということです。

 名前を漢字で書くと「破傘裏星」葉の形状をキク科の植物ヤブレガサに見立てたということです。ウラボシというのはシダ植物の総称だそうです。

 写真です。ウイキペディアから借用しています。

ヤブレガサウラボシ Dipteris conjugata


    Dipteris_conjugata_ybrgub01[1]    184850[1]

     Dipteris_conjugata_ybrgub03[1]
 ●この下の写真は、初期の苗の状態です。ハート形をしています。 

 Dipteris 属を描いた切手です。1枚ありました。

ヤブレガサウラボシ Dipteris conjugata

    stmly9903.jpg
   2010年 マレーシア発行
 ●この切手には他に次の2種のシダ植物が描かれています。
   シマオオタニワタリ(チャセンシダ科) Asplenium nidus
   マトニア・ペクティアナ(マトニア科) Matonia pectiana

(ということで、)

 上記の切手をシマオオタニワタリの記事に追加しておきます。
  シマオオタニワタリ(チャセンシダ) http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-510.html

  
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR