1501.今日の植物(1020):ガンコウラン

  今日の植物は、ガンコウランという植物です。

 ガンコウランは、ガンコウラン科 Empetrum属(ガンコウラン属)の常緑小低木およびその植物群です。
 このガンコウラン科もこれまで登場していなかった科ですので、今回登場となりました。

 ガンコウラン科には3属、10~20種が属しているということで、北半球の寒帯および高山帯、それと南米のアンデス山脈およびフォークランド島に分布しているということです。随分と分布域が離れているものです。

 ガンコウランは漢字で書くと、「岩高蘭」となります。どのようなところからこの名前になったのかよく分かりませんでした。

 属としてのEmpetrum属には、2~3種があるようで、日本にはガンコウランという種が1種のみ自生しているということです。
 ガンコウランの果実は食用になるということです。

 写真です。これも手元にありませんでしたので、ウイキペディアにお世話になっております。

(左)エムペトルム・ニグルム Empetrum nigrum
(右)エムペトルム・ルブルム Empetrum rubrum

     800px-Crowberries[1]     800px-Empetrum_rubrum_(Terre_de_Feu)[1]
 ●種小名のnigrum(黒い)と rubrum (赤い)はそれぞれの果実の色を指していると思います。

 Empetrum属を描いた切手です。

エムペトルム・ニグルム Empetrum nigrum

    stswe0404.jpg
1995年 スエーデン発行
 ●この黄色い花の植物はウサギギクという植物で、ガンコウランはその足元に目立たずに描かれています。

エムペトルム・ルブルム Empetrum rubrum

    stfli0208.jpg                sttrc0102.jpg
1968年 英領フォークランド諸島発行  1972年 英領トリスタン・ダ・クーニャ発行
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR