2202.今日の植物(1702):ロアサ

 今日の植物は、ロアサという植物です。

 ロアサは、シレンゲ科 Loasa属(ロアサ属)の植物で、The Plant Listには32の種名があげてありました。
 ほぼ1年前のMentzelia(メントゼリナ)以来、この科としては2つ目です。

 Loasaは、南米の熱帯地域を原産地とする植物です。葉に棘があり白色もしくは黄色、赤みがかったオレンジ色の花を持っていて、園芸用に栽培されているということです。

 今回初めて知ったのですが、このシレンゲ科はLoasaceaeとされていますので、
Loasa属がこの科を代表する属なのかもしれません。いずれにしても日本では余りなじみのない植物群であることは確かです


 写真です。

ロアサ・ナナ Loasa nana

    Loasa_nana.jpg

 切手です。

ロアサ属の一種 Loasa sp.

    stecu0402.jpg
1990年 エクアドル発行(エクアドルの花)


(おしらせです)

 属名Lの植物でLucuma mammosaという植物を描いた切手があるのですが、調べてみたらこれはManilkara(サポジラ)属に分類されるもののようですので、そちらに掲載しました。

 サポジラ 
http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-463.html
スポンサーサイト

1837.今日の植物(1346):メントゼリア

 今日の植物は、メントゼリアという植物です。属名Mの続きです。

 メントゼリアは、シレンゲ科 Mentzelia属(メントゼリア属)の植物で、ウイキペディアでは60~70種、The Plant Listでは98種があるとされていました。
 ウイキペディアによれば、Mentzelia属の植物はアメリカ大陸原産の植物で、一年草、二年草、多年草さらには低木まであるということです。

 切手に出てくるMentzelia laevicaulis種は北米大陸の西部によく見られる植物で、砂地や岩の多い場所、道路沿いにも広く分布しているのだそうです。

 シレンゲ科というのは今回初めて登場しました。アメリカ大陸の熱帯、亜熱帯地域に15~20属、200~260種が分布しているということです。日本ではあまり見かけない植物群です。
 シレンゲを漢字で書くと「刺蓮花」、花はきれいなのですが棘があるのが特徴だというところからこの和名になったということです。

 メントゼリアの写真です。

メントゼリア・レビカウリス Mentzelia laevicaulis

    Mentzelia_laevicaulis_2[1]

 切手です。

メントゼリア・レビカウリス Mentzelia laevicaulis

    stmld0603.jpg
   2007年 モルジブ発行 

(おしらせです)

 実は、上の切手はつい先日入手したばかりのものなのです。
 この切手は4枚のセットで発行されたものなのですが、そのうちの1枚はこれまで「写真はあるけど切手がない」というものでしたので、記事に切手を追加しました。つばめさんの植物です。

 ツバメオモト http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1289.html
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR