1888今日の植物(1395):ヒドノラ

 今日の植物は、ヒドノラという植物です。属名Hの続きです。

 ヒドノラは、ヒドノラ科 Hydnora属(ヒドノラ属)の植物の総称で、The Plant Listでは7種、ウイキペディアでは6種があげてありましたので、小さな属のようです。
 原産地はアフリカおよびアラビア半島だということで、いわゆる寄生植物になります。

 切手に取り上げられているHydnora africana種は、アンゴラ、ナミビアおよび南アフリカのケープ地方に分布する植物なのですが、トウダイグサ科の植物の根に寄生して生活していて、通常は地上に姿を現さないのですが、花を咲かせると特徴のある花を咲かせてこれが昆虫を引き寄せ受粉するということです。
 
 属名のHydnoraはギリシャ語のhydon(菌)が語源なのだそうです。

 ヒドノラ科は初めて登場しますが、2つの属
Hydnora属とProsopanche属がありますが、いずれも寄生植物だそうで、前者はアフリカ、アラビア、マダガスカルに分布、後者は中南米に2種があるということです。
 いずれも花は悪臭を放ち、これが昆虫を集め受粉に貢献するという共通点を持っているということです。また一部の種にはザゼンソウのように発熱するものもあるということです。

 写真です。ウイキペディアから借りてきましたが、これは十分に奇怪な植物です。

ヒドノラ・アフリカナ Hydnora africana

    HydnoraAfricanaKarasburgDistrictNamibia2002Musselman[1]     HydnoraAfricanaEmergingFlowerInDesertDominatedByEuphorbiaMauritanicaNearFishRiverCanyonSouthernNamibia2000[1]

 切手です。奇怪さを表現しています。

ヒドノラ・アフリカナ Hydnora africana

    sttra0604.jpg
1991年 (旧)トランスカイ発行
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR