2108.今日の植物(1609):サンショウモ

 今日の植物は、サンショウモという植物です。

 これまで属名Bの植物に入っていたのですが、今日はそれから外れることになります。といいますのは、これまで自分で撮った写真はあるのですが切手がないという植物があったのですが、今回これまでなかった切手を入手しましたので、これを取り上げることにしました。
 このブログは「写真と切手による日替わり植物図鑑」と称していますが、写真と切手の両方が手元にある植物がなくなっていましたので、久しぶりの両方がある記事となりました。

 で、サンショウモは、サンショウモ科 Salvinia属(サンショウモ属)の植物です。The Plant Listには10種があげてあり、ウイキペディアでは12種が確認されている(が、そのうち3種は雑種とされている由)としてありました。

 水生植物で、根を持たず水面上に葉を浮かべて浮遊して生活しています。そんなところからサンショウモという名前が付けられたようですが、この植物は葉の下に胞子嚢を持って胞子で広がっていくシダ植物なんだそうです。
 切手に描かれているサンショウモ(Salvinia natans)は、日本でも本州から九州の水田などに広く分布していた植物なのですが、雑草として駆除された結果いまでは絶滅が危惧されている地域もあるということです。

 属名のSalviniaはちょっとSalvia(サルビア:アキギリ属)と混同しそうですが、17世紀のイタリアの科学者Anton Maria Salvini氏にちなんで命名されたのだそうです。

 写真です。

オオサンショウモ Salvinia auriculata

    P1050011.jpg       IMGP3698XX.jpg
    撮影:2012年3月10日       撮影:2004年9月7日
    草津市「水生植物園」       東京都「新宿御苑」
 ●こちらのオオサンショウモは熱帯アメリカ原産で、輸入されたものなのですが、逸出したものが自生するようになったという情報もありました。

サンショウモ Salvinia natans

    Salvinia_minima_1[1]
 ●こちらが切手に描かれているサンショウモですが、写真が手元になかったものでウイキペディアにお世話になっております。 


 切手です。先日入手したものです。

サンショウモ Salvinia natans

    stblr0601.jpg
  2012年 ベラルーシ発行 
 ●この切手ちょっと見えにくいのですが、葉の部分にいわゆるエンボス加工(立体感がでるように凹凸を加える加工です)が付されています。
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR