FC2ブログ

2444.今日の植物(1931):ミズゴケ

 今日の植物は、ミズゴケという植物です。

 ミズゴケは、ミズゴケ科 Sphagnum属(ミズゴケ属)の植物で、The Plant Listによれば、この属に分類される種は変種も含めると526種(変種を除くと382種)にもなるということですので、大きな属ということになります。
 ウイキペディアで調べてみると、この属に分類される種の数は、英語版では380種、日本語版では150種となっていて、英語版の情報はThe Plant Listの情報と近いように思われます(ただし、挙げられている種の名前までは突合せしていません)。

 というようなことなのですが、日本語版のウイキペディアによりますと、世界で150種、そのうち日本に分布しているものが47種だそうです。
 いずれも、多孔質の植物体を形成しており多量の水分を含むことができる植物だということです。
 葉の細胞には、葉緑素を持って光合成を行うものと、大型で空洞になって光合成を行わないものとが交互に並んでいるのだそうです。

 切手に描かれているオオミズゴケという種は、一般にミズゴケとして園芸用に販売されているものです。高い保水性を利用して、植物の保水材として利用されているものです。そのために乱獲されており、また生育環境が失われていることなどから個体数が減少し、環境省の準絶滅危惧種にも指定されています。

 写真です。手元にありませんでしたので、ウイキペディアから借りています。園芸品店で写真を撮ることができそうです。

オオミズゴケ Sphagnum palustre

    Sphagnum palustre
 
 切手です。

オオミズゴケ Sphagnum palustre

    stlie1003.jpg
1981年 リヒテンシュタイン発行(苔と地衣類)
 ●この切手は4枚セットで発行されたものです。こちらです⇒切手植物図鑑
 そのうち2枚には苔が描かれているのですが、他の2枚に描かれているのは地衣類と呼ばれるもので、「植物」ではない、ということになります。従って、この「植物ぶつぶつダイアリー」の対象外ということになります。
 と言いましたが、「植物」というものの定義については多くの議論があってそう簡単なものではないのだそうです。よく分からないところも多いのですが、とりあえず頼りにしています、The Plant Listに搭載されているものを「植物」とするということで、線引きを行いました。
 ●それにしても、苔や地衣類を描いた切手もいいものです。日本ではまず発行されないでしょうが・・・
スポンサーサイト



↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR