FC2ブログ

2511.今日の植物(1997):マツバラン

 今日の植物はマツバランという植物です。

 マツバランは、マツバラン科 Psilotum属(マツバラン属)のシダ植物で、The Plant Listによればこの属に分類される種は2種だけという小さな属です。
 そのマツバラン科にしても、2つの属、10種程度が分類されるという小さな科だということです。 
 
 切手に描かれているPsilotum nudum(マツバラン)種は、熱帯地方に分布する植物だということですが、日本にも分布しているそうで、日本の中部以南で見られるそうです。その外観はユニークなもので、茎だけで文字通り「根も葉もない」のだそうです。樹上や岩に寄生する形で地下茎を広げ、地上の茎は先端で2分され、松葉のようにたなびいた形を成すものもあるようです。
 その独特の形を珍しがって、江戸時代には松葉蘭は古典園芸植物の1分野となっていたということです。

 写真です。ネットから借用しています。

マツバラン Psilotum nudum

    Img_1059[1]     A2530_picture_users[1] 

 切手です。

マツバラン Psilotum nudum

    sttuv0801.jpg
1987年 ツバル発行(シダ植物)
 この切手は次のセットで発行されました。⇒切手植物図鑑

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を掲載する予定ですので、また覗いてみてください。)
スポンサーサイト



↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR