FC2ブログ

2531.今日の植物(2017):ゴエツェア

 今日の植物は、ゴエツェアという植物です。

 ゴエツェアはナス科 Goetzea属(ゴエツェア属)の植物で、The Plant Listには2つの種が確認され00、2つが未確認とされておりましたで、小さな属ということになります。

 ウイキペディアの情報によりますと、Goetzea属はもともとはカキノキ科に分類されていたのだそうです。その後、ゴエツェア科という科が設けられそこに属していたのですが、そのゴエツェア科は今は無くなってナス科に分類されるようになったという、「流転」を味わっている植物群のようです。

 2つの確認されている種のうち、Goetzea elegans(切手に取り上げられていないほうです)について情報がありました。それによりますと、この種はプエルトリコの固有種で、絶滅が危惧されているようです。オレンジ色の花を咲かせ、同じ色の実をつけるのですが、これが有毒なのだそうです。さすがナス科ですなあ。

 ゴエツェアという妙な名前(ゴッツウエエ?)は、
この属を最初にカキノキ科に分類したスイスの植物学者Heinrich Wydler氏が自分の先生のJohann August Ephraim Goetze氏に因んで命名されたのだそうですから、この先生の名前が妙だったのです。
 この属名はひょっとしたら「ゲツェア」と読むのかもしれません。

 写真です。手元にありませんでしたので、ネットから2種の写真をお借りしています。

ゴエツェア・エクマニイ Goetzea ekmanii

    Goetzea ek

ゴエツェア・エレガンス Goetzea elegans

     Goetzea_elegans_fruit[1]     Goetzea-elegans[1]

 切手です。

ゴエツェア・エクマニイ Goetzea ekmanii

    stdmn1303.jpg
2001年 ドミニカ共和国発行(国立植物園25年)
 ●アカネ科の植物を取り上げていたのですが、前回のセットの中にこの切手が入っていて、これも登場していなかったなあ、と今回取り上げました。行き当たりばったりですな。
スポンサーサイト



2014.今日の植物(1515):コダチトマト

 今日の植物は、コダチトマトという植物です。

 コダチトマトは、ナス科 属(コダチトマト属)の植物で、The Plant Listには確認された種として1種のみの名前が上がっていました。
 またウイキペディアには、Cyphomandra属はかつてはナス科の約35種を擁する属でしたが、現在ではナス科のナス属の一部とする考え方が有力になっているという情報がありました。
 ですが、The Plant Listでも属として認めていますので、今回は一つの属として扱うことにしました。

 そのウイキペディアによりますと、Cyphomandra属の植物(上記の35種の植物)は2~3メートルの高さになる低木で、アメリカ大陸のメキシコからアルゼンチン北部に至る地域に分布しているということです。
 最もよく知られているTamarillo(切手に描かれているCyphomandra betacea種です)は、卵型の食用になる果実を付けるもので広く栽培されているということです。別名はTree Tomato(和名のコダチトマトはこの英語名から来ています)
 その他の種も、食べられる果実を付けたり、染料の原料になったり、民間の薬用植物として利用されたりしていて、ポピュラーな植物のようです。

 写真です。

コダチトマト Cyphomandra betacea

    cyphomandra-betacea[1]     Cyphomandra_betacea_(DITSL)[1]

 切手です。
 

コダチトマト Cyphomandra betacea

    stmadp0502.jpg
1992年 ポルトガル領マデイラ発行 

1819.今日の植物(1328):メリッシア

 今日の植物は、メリッシアという植物です。

 メリッシアは、ナス科 Mellissia属(メリッシア属)の植物で、切手に出てくるMellissia begonifoliaの1種だけが知られているのだそうです。
 このMellissia begonifolia種はSaint Helena Boxwood(セントヘレナのツゲ)と呼ばれる植物で、セントヘレナ固有の植物だとされていますが、絶滅危惧種(CR)に指定され絶滅が危惧されているということです。
 この種はそれまで長く絶滅したと考えられていたのだそうですが、1998年にごく少数が発見されてその後保存の努力がなされてきたということです。それでも1個体だけが残ったというような状態にあるようで、この個体から次の世代を残せるのかどうか、危惧されているということです。

 ウイキペディアによりますと、Mellissia属はWithaniaと極めて近縁だそうで、現にThe Plant Listの方ではMellissia begonifolia種はWithania begonifolia種の同義だとされていました。



 写真です。

メリッシア・ベゴニフォリア Mellissia begonifolia

    Mellissia_begoniifolia_habit[1]     1856815083[1]
 ●左の写真はウイキペディアにあった写真で、右はThe Plant Listに Withania begonifoliaとして掲載されていたものです。

 切手です。そのセントヘレナから発行されていました。

メリッシア・ベゴニフォリア Mellissia begonifolia

    stshl9901.jpg
1975年 セントヘレナ発行(John Charles Mellissによる「St. Helena」発行100年) 
 ●John Charles Melliss氏はセントヘレナ生まれの技術者でまたアマチュアの自然科学者だった人です。1875年にセントヘレナを紹介する「St. Helena」という著書を発行しましたが、その発行100年を記念してこの切手が発行されました。

1745.今日の植物(1254):フィソクライナ

 今日の植物は、フィソクライナという植物です。属名Pの続きです。

 フィソクライナは、ナス科 Physochlaina属(フィソクライナ属)の植物の総称で、The Plant Listには6つの種があげてありましたので、今回も小さな属のようです。

 実は、この植物に関する記事を探すのに苦労をしました。
 切手に記載してある属名Physochlaena を頼りに英語版のウイキペディアやThe Plant Listを検索したのですが、該当なし、という結果でした。Yahooで検索したところ、これ何語なのでしょうか「ceb.Wikipedia」というウイキペディアにPhysochlaenaPhysochlainaと同義だとする記事がありました。それでPhysochlainaで検索したところ、The Plant Listで記事に行きつくことができました。eとiの一字が違っていただけなのですが、それで迷子になっていたというわけです。
 昨日の切手の表記も一字が違っていましたが、植物切手にはよくあることなのですが・・・
 ネット上の検索というのは一字でも違っていると検索の対象から外れてしまうということを改めて実感したところです。

 ただ、ウイキペディアにはPhysochlainaを取り上げたページはありませんでしたが、ほかのサイトの記事からみると、切手に出てくるPhysochlaina physaloides種は中国やモンゴルあたりに分布している植物で、薬効植物として利用されているといった情報がありました。

 写真です。

フィソクライナ・フィサロイデス Physochlaina physaloides

    physochlaina_1[1]     87205_33007470[1]
 ●花はなかなか妖艶な、ナス科らしい怪しさも備えた花です。

 切手です。

フィソクライナ・フィサロイデス Physochlaena(=Physochlaina) physaloides

    stmgl0301.jpg
   1966年 モンゴル発行
 ●花の色が黄色なのですが、こんな種もあるのだろう、ということにしておきましょう。

1687.今日の植物(1197):サルビグロッシス

 今日の植物、サルビグロッシスという植物です。再び属名Sに戻ってきました。

 サルピグロッシスは、ナス科 Salpiglossis属(サルビグロッシス属)の総称で、The Plant Listにも2種が掲載されているだけですから、小さな属のようです。

 ウイキペディアによりますと、属名のSalpiglossisはギリシャ語由来でsalpinx(trumpet)+glossa(tongue)と、その花の形に注目した命名のようです。

 切手にもでてきます、Salpiglossis sinuata種はチリの南部が原産で、5枚の花弁のじょうご形の花を持っていて広く園芸用に栽培されているということです。

 写真です。これもウイキペディアから借りてきました。

サルピグロッシス・シヌアタ Salpiglossis sinuata

    PaintedTongue[1]     Salpiglossis_sinuata_flower_front_view[1]
 ●花の色はバイオレットやオレンジ色があるといいますから、左の写真のオレンジ色をした花もこのサルピグロッシスの花のようです。

 Salpiglossis属を描いた切手です。そのチリから発行されていました。

サルピグロッシス・シヌアタ Salpiglossis sinuata

    stchi0107.jpg  
1988年 チリ発行(チリの花)
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR