2369.今日の植物(1857):テンノウメ

 今日の植物は、テンノウメという植物です。

 テンノウメは、バラ科 Osteomeles属(テンノウメ属)の植物で、The Plant Listでは2つの変種を入れても4種で構成されているという小さな属です。
 東アジア原産の低木で、食用になる果実をつける植物だということです。

 切手に描かれているOsteomeles anthyllidifolia種は、テンノウメと呼ばれる種で太平洋の亜熱帯から熱帯地域にひろく分布しているということです。日本でも南西諸島に分布域があるということです。

 写真です。久し振りに写真と切手の両方がある植物です。

タチテンノウメ Osteomeles boninensis (=Osteomeles schwerinae)

    P1060468.jpg
撮影:2012年7月22日 東京都「夢の島熱帯植物園」
 ●この種は、植物園ではOsteomeles boninensis (小笠原諸島の)と表示されていましたが、The Plant ListではこれはOsteomeles schwerinae種と同義だとされています。

テンノウメ Osteomeles anthyllidifolia

     Osteomeles_anthyllidifolia_2[1]
 ●こちらはウイキペディアから借りています。漢字で書くと「天の梅」です。

テンノウメ Osteomeles anthyllidifolia

    stpit0503.jpg
1998年 英領ピトケアン諸島発行 

(おしらせです)

 次の切手を追加しました。これまで切手がないとしていたものですが、いずれもドイツから発行された普通切手です。
  エキナケア   http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-880.html
  ハクチョウソウ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1139.html

 ●ドイツからは植物を描いた普通切手が2005年から少しずつ発行されています。まだ完全ではないのですが、今回手元にあるこのシリーズを整理しました。こちらです⇒切手植物図鑑
スポンサーサイト

2184.今日の植物(1684):ポタニニア

 今日の植物は、ポタニニアという植物です。
 
 ポタニニアは、バラ科 Potaninia属(ポタニニア属)の植物で、現在ではこの属には切手に描かれているPotaninia mongolica種の1種のみが確認されているということです。多くの種が絶滅したことにより1種だけが残ったということのようです。

 Potaniniaは古代から生き延びてきた植物で、内モンゴルの砂漠地帯に分布しており、分裂による成長と、夏季には「夏眠」により乾燥した環境に適応するという特徴を持っているということです。

 現在も、生育環境が悪化しており、分布している範囲が徐々に狭くなって絶滅が危惧される植物でもあるということです。

 写真です。

ポタニニア・モンゴリカ Potaninia mongolica

    Potaninia mongolica

 切手です。

ポタニニア・モンゴリカ Potaninia mongolica

    stmgl0401.jpg 
   1979年 モンゴル発行

 

1851.今日の植物(1358):レウコシデア

 今日の植物は、レウコシデアという植物です。属名Lからです。

 レウコシデアは、バラ科 Leucosidea属(レウコシデア属)の常緑の樹木あるいは大型の草本で、切手に取り上げられているLeucosidea sericea種の1種のみが知られている1属1種のアフリカ南部原産の植物だということです。

 ウイキペディアによりますと、キク科の植物というのは世界中に多数の属が分布しているのですが、アフリカとくに南部アフリカには少ないのだそうです。
 アフリカの原住民はこの植物を薬用植物として利用しているという情報もありました。眼病などに効果があるということです。また、現地では家族を守るお守りのようなものとしても使われるのだそうです。

 ついでにウイキペディア情報ですが、属名のLeucosidea はギリシャ語由来で、leukos(shining white:輝く白)から来ているということです。花の様子に着目したのでしょうか。

 写真です。ウイキペディアから借りてきました。

レウコシデア・セリケア Leucosidea sericea

    Leucosidea_sericea00_(1)[1]

 切手です。

レウコシデア・セリケア Leucosidea sericea

    stlst0201.jpg
  1979年 レソト発行 

1400.今日の植物(944):ハゲニア

 今日の植物、ハゲニアという植物です。本日の誕生日の花にサンザシがあるのですが、これも登場済みということで、同じバラ科からハゲニアにしました。名前のハゲニアというのもユニーク(?)なものですから・・・

 ハゲニアは、バラ科 Hagenia 属(ハゲニア属)の高木で、アフリカの中央部および東部の山岳地帯を原産地としているということです。
 ハゲニアは高さ20メートルにもなる高木で、標高2000~3000メートルの多雨地帯に分布しているのだそうです。

 Hagenia 属には、後で写真と切手で出てくるHagenia abyssinica 種1種のみがあるという1属1種の植物です。

 ハゲニアはまた、薬用植物としても利用されてきたということです。

 写真です。これも手元になかったものですから、ネットから借用してきました。

ハゲニア・アビシニカ Hagenia abyssinica

    
    115804[1] 

 Hagenia 属を描いた切手です。アフリカの国から発行されたものが3枚手元にありました。

ハゲニア・アビシニカ Hagenia abyssinica 

    strwa0305.jpg       strwa0504.jpg
  1969年 ルワンダ発行       ルワンダ発行

    steth0202.jpg
 1965年 エチオピア発行

1394.秋吉台で出会った植物(1):キジムシロ

 新しいシリーズ「秋吉台で出会った植物」の第1弾、キジムシロという植物です。
 秋吉台は自宅から20分程度の距離にある日本最大のカルスト台地です。カルスト台地というのはかつては海底だったところで、海の生物の死骸が堆積し石灰石となり、これが雨水で浸食されてできた地形だとされています。昔は海底だったのですが、隆起を繰り返した結果、現在は標高180~420メートルの「台地」になっています。

    P1110711.jpg     P1110714.jpg
いずれも撮影:2014年4月1日 「秋吉台」 

 秋吉台の広さは総面積93平方キロという広大なもので、地上には石灰石の白い石塊やドリーネと呼ばれるすり鉢状のくぼ地という独特の景観を有し、また地下には秋芳洞を始め多くの鍾乳洞があります。
 このような地形ですので、石灰質の土壌に生育する植物を含めて極めて多様な植物相が確認されていて、植物観察の地としてもよく知られています。

 本日は第1弾として、キジムシロという植物です。
 キジムシロは、バラ科 Potentilla属(キジムシロ属)の多年草(およびその植物群)で、日本の各地およびサハリン、カムチャツカそれに済州島に分布しているということです。

 キジムシロというのは面白い名前ですが、ウイキペディアによれば花が散ったあとの葉が放射状に広がる姿を鳥のキジが休む筵(むしろ)にたとえたのだそうです。

 属としてのキジムシロは北半球の温帯地帯以北に300種以上が知られており、日本にはそのうち20種程度が分布しているとされています。
 このブログでは以前、同じPotentilla属のミヤマキンバイという植物を取り上げましたので属としては2回目の登場です。

 Potentilla属の写真です。

キジムシロ Potentilla fragarioides var. major

    P1110702.jpg     P1110703.jpg
 撮影:2014年4月1日 「秋吉台」

ミツバツチグリ Potentilla freyniana

    P1120006.jpg     P1120008.jpg
撮影:2014年4月16日 『山奥植物園』

 ここで、1冊の本をご紹介します。タイトルは「秋吉台で出会った花」といいます。
 今回始めた新しいシリーズとドンぴしゃのような本で、これが今年の4月1日に発行されたのです。秋吉台に出かけた帰りに、近くの「道の駅美東」で購入しました。というより、この本を買いに出かけたついでに秋吉台に寄ってきたという感じでした。
 この本は著者が秋吉台で撮影した792種の植物の写真と解説が付されているものですが、これから秋吉台を歩こうと思っている私には嬉しい本です。初版本が2010年に発行されていてこれが欲しかったのですが、絶版になっていて時々図書館で借りては見ていました。今回改訂版が発行されてこれはありがたいことです。
 著者の中沢妙子さんという方は植物学には無縁だった人なのですが、十数年の間秋吉台を歩き(それもほとんど毎日のように)、植物の調査と記録を続けてこられたのだそうです。その間に出会った花が1361種になったと書いておられましたから、これは凄いことだと思います。

    IMG_0002.jpg
 これからは、私もこの本を片手に秋吉台を歩くことにしましょう。 

 本題に戻りますが、Potentilla属を描いた切手です。
 以前ミヤマキンバイを取り上げた記事で載せた切手は、同じPotentilla属ですがミヤマキンバイ種を描いたものではありませんでした(当時手元になかったのです)。そこで今回再整理してミヤマキンバイの記事にはその後入手したミヤマキンバイの切手を、他のPotentilla属の切手はその後入手したものも含めてこちらに移しました。

ポテンティラ・アンセリナ Potentilla anserina

    sticl0402.jpg        stfin0304.jpg
 1984年 アイスランド発行      フィンランド発行

    strom3206.jpg
2012年 ルーマニア発行(普通切手)

タチキジムシロ Potentilla erecta

    stfar0103.jpg              stsmi0101.jpg
1988年 デンマーク領フェロー諸島発行   サマー島発行

(左)ポテンティラ・フルティコサ Potentilla fruticosa
(右)クロバナロウゲ Potentilla palustris

    stbul2802.jpg          sticl0101.jpg

(左)クシャキンロバイ Potentilla bifurca var.glabrata
(右)ポテンティラ・ヌタリイ Potentilla nutallii

     stprk0703.jpg          stswi1804.jpg
  1974年 北朝鮮発行     1961年 スイス発行
                        (児童福祉)
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR