801.今日の植物(465):ウドノキ

 本日の誕生日の花にオシロイバナがあるのですがこれは登場済、ということで同じオシロイバナ科のウドノキという植物にします。

 ウドノキは、オシロイバナ科 Pisonia 属(ウドノキ属)の常緑高木で、沖縄諸島、小笠原諸島、台湾、マレーシア、ミクロネシア、ポリネシア、オーストラリア東部に分布しているそうです。

 名前を漢字で書くと「独活の木」、材が柔らかく役にたたない(独活の大木)ことから名づけられたようです。
 夏から秋にかけて熟する果実には粘着性があって、実を取りに来たコウモリや鳥をくっつけてしまうほどの強力な粘着力だそうです。

 もうひとつ、ウドノキ科という植物群があるのですが、これはこのオシロイバナ科のウドノキとは全く縁がないのだそうです。

 Pisonia 属の写真です。これもウイキペディアから借りてきました。

ウドノキ Pisonia umbellifera

    450px-Starr_040713-0072_Pisonia_umbellifera[1]

サラダノキ Pisonia grandis

     800px-Starr_990611-0869_Pisonia_grandis[1]

 Pisonia 属を描いた切手です。
 
サラダノキ Pisonia grandis

    
stidn0114.jpg             stcoc0101.jpg
 2004年 インドネシア発行  1988年 オーストラリア領ココス諸島発行
 ●この種は若葉を食べることができることから和名を「サラダノキ」といいます。
スポンサーサイト

379.今日の植物(156):ブーゲンビレア(2)

 今日の誕生日の花を見てみると、ブーゲンビレアもその一つになっていました。そこで、今日の誕生日の花、ブーゲンビレア(2)ということにします。

 ブーゲンビル島という島があります。太平洋戦争の末期に山本五十六元帥が撃墜されて戦死した島ですが、この島の名前も前回登場したブーゲンビレアの発見者ブーガンヴィル氏の名前から来ているのだそうです。

 本日は、前回登場したブーゲンビレア(Bougainvillea spectabilis )種以外の Bougainvillea 属の写真と切手です。

写真は1枚だけです。

テリハイカダカズラ「サンデリアナ」 Bougainvillea glabra 'Sanderiana'

    IMGP5618.jpg
 撮影:2004年10月8日 箱根町「強羅公園」

切手です。


テリハイカダカズラ Bougainvillea glabra
 
●種小名の「glabra」は「無毛の」という意味ですから「照り葉」ということになります。これを取り上げた切手も結構多いのです。

    stgre0406.jpg            stgre9907.jpg
  1986年 グレナダ発行   1976年 グレナダ領グレナディーン諸島
                             (動植物)

     stasc0101.jpg       stasc0102.jpg
 
    stasc0103.jpg
 以上3枚は、2004年 英領アセンション発行 (王立園芸協会200年記念)

    stuae0101.jpg             stsie0207.jpg
 1990年 アラブ首長国連邦発行         シエラレオネ発行 

     stanb0506.jpg               
アンティグア・バーブーダ発行

ブーゲンビレア・リトラリス Bougainvillea litoralis  
 
●ついでに「litoralis」は「海浜生の」という意味ですから、海辺にはえているのでしょうか?

    stgub0202.jpg            stcve0105.jpg          
  1983 ギニアビサウ発行      1980年 カーボヴェルデ発行       

ブーゲンビレア・フォルモサ Bougainvillea formosa
 ●またまたついでに、「formosa」は二つの意味があって、「美しい」というのと「台湾の」というのがあります。これがどっちなのか分かりません。

    sttan0311.jpg
1997年 タンザニア発行 

373.今日の植物(155):ブーゲンビレア

 今日の誕生日の花は、ブーゲンビレアです。

 ブーゲンビリアとも呼ばれていますが、オシロイバナ科 Bougainvillea属(ブーゲンビレア属あるいはイカダカズラ属)の熱帯性の低木です。原産地は中南米で、花の色は白から赤まで様々な色合いがあります。
 花の色といいましたが、カラフルな部分は実は花ではなく花を取り巻く葉(包葉)で、花は中央にある3つの白色の部分です。

 ブーゲンビレアという名前は、この植物を見つけたフランス人のブーガンヴィル氏にちなむものだそうです。
 写真です。

ブーゲンビレア Bougainvillea spectabilis

    IMGP1652X.jpg     IMGP1653.jpg
撮影:2003年12月13日 沖縄県恩納村「琉球村」
 
    IMGP2442.jpg     IMGP2715XX.jpg 
    撮影:2003年6月22日   撮影:2004年6月5日
    京都市「府立植物園」   白浜町「ハマブランカ」  

    P1020721.jpg
撮影:2011年6月19日 淡路市「奇跡の星の植物館」

ブーゲンビレア「プリティーピーチ」 Bougainvillea cv. 'Pretty Peach'

    IMGP5616.jpg    

(左)ブーゲンビレア「ジンダーイエロー」 Bougainvillea cv. 'Ginder Yellow'  
(右)ブーゲンビレア「タヒチアンメイド」 Bougainvillea cv. 'Tahitian Maid'

    IMGP5620.jpg                  IMGP5611.jpg 
以上3枚は、撮影日:2004年10月8日 箱根町「強羅公園」
 ●この強羅公園にはブーゲンビレアを集めたコーナーがあって、盆栽のように仕立てられたブーゲンビレアが見られます。

切手も多数発行されています。 今回は、Bougainvillea spectabilis 種を描いた切手をご紹介します。

ブーゲンビレア Bougainvillea spectabilis

    stjpn11203.jpg        stasc0104.jpg
  2002年 日本発行    2004年 英領アセンション発行
 (ふるさと切手「沖縄県」)   (王立園芸協会200年記念)

    stmnc0104.jpg        stdmnc0111.jpg
   1959年 モナコ発行       1981年 ドミニカ発行
 
    stbrm0108.jpg              stcmr0209.jpg
 1970年 英領バーミューダ発行  1963年 (旧)カメルーン連邦共和国発行
     (普通切手)                 (不足税切手)


    stnev0105.jpg        stnau0203.jpg
  1984年 ネビス発行      1986年 ナウル発行

    stantn0201.jpg                stcti0103.jpg
1964年 オランダ領アンティール発行    1962年 コートジボワール発行
       (児童福祉)

    stant0101.jpg            sttha1101.jpg
 1977年 (旧)英領アンティグア発行    2003年 タイ発行
       (普通切手)                 (新年)

    stsol0211.jpg               stgre9905.jpg
 1987年 英領ソロモン諸島発行    1969年 グレナダ発行
                             (普通切手)  

    stbab0105.jpg           stanu0502.jpg
1978年 (旧)バーブーダ発行       1969年 英領アンギラ発行
                               (カリブの花)

    stgre0502.jpg           stkor1101.jpg
   1967年 グレナダ発行        1992年 北朝鮮発行
   (モントリオール万博)

    stphi0701.jpg                stcay0104.jpg 
 1991年 フィリピン発行      1981年 英領ケイマン諸島発行

    stvtn2108.jpg 
 1980年 ベトナム発行 

044.甲子園口植物園の植物(2):オシロイバナ

 オシロイバナはオシロイバナ科 Mirabilis属(オシロイバナ属)のメキシコ原産の植物です。オシロイバナという名前は、花後にできる黒い種子をつぶすと白い粉が出ることからつけられました。
 オシロイバナ科には、約30属、300種の植物が含まれますが、よく知られたものとしてはイカダカズラ属に属するブーゲンビレアなどがあります。
 
 オシロイバナというとメンデルの不完全優性の法則を思い出します。記憶をたどっていくと、
 ○「完全優性」というのは、例えば花の色の白色が優性、赤色が劣性だとすると、純系の赤い花と白い花を掛け合わせると、その子はすべて白色、子同士を掛け合わせた孫世代は、白:赤が3:1の割合で生じるということでした。
 ○一方、「不完全優性」の方は、この孫世代の発現が、白:ピンク(あるいは斑):赤が1:2:1となるという遺伝でした。(で合っていますでしょうか?)
 人間の血液型(A、B、O型)もこの不完全優性の法則に従って発現するということでした。

 オシロイバナの花の色がこの不完全優性の遺伝を示す例だと教わりました。確かに、「甲子園口植物園」のオシロイバナを見てみると多様な花が見られます。

オシロイバナ Mirabilis jalapa
 ●jalapaという種小名はヤラパというメキシコの町の名前から来たのだという説明がありました

   41DSCN0267_convert_20100827061545.jpg   41DSCN0266_convert_20100827061505.jpg  
          
 

      41DSCN0264_convert_20100827061409.jpg
以上3枚は、撮影:2003年10月4日 西宮市『甲子園口植物園』

   41IMGP2857_convert_20100827061626.jpg   41IMGP2958_convert_20100827061711.jpg
   
撮影:2003年8月3日  撮影:2003年7月27日       
  西宮市『甲子園口植物園』  豊中市「都市緑化植物園」
 
   41IMGP3946_convert_20100827061754.jpg 
   撮影:2004年9月23日
 精華町「京都フラワーセンター」

                      
切手も次のようなものがありました。
オシロイバナ Mirabilis jalapa

     stprk0101.jpg       sthun1401.jpg
   1965年 北朝鮮発行  1968年 ハンガリー発行

     stcve0103.jpg     stgyn0804.jpg
  1980年 カーボベルデ発行  ガイアナ発行
 
 ●北朝鮮の切手は、先のマツバボタンと同じ4種セットのうちの1枚です。
 ●ハンガリーの切手は、8種セットのうちの1枚です。
 ●カーボベルデの切手は、6種セットのうちの1枚です。同国は、アフリカの西沖合にある島国で、かつてはポルトガル領でした。
 ●ガイアナの切手は、4種セットのうちの1枚です。同国は、南アメリカ北東部にある国です。    

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR