065.山奥植物園の植物(1):シュウカイドウ

 『山奥植物園』は山深くにある我が実家とその周辺にある植物を取り上げる「バーチャル植物園」です。
 その第1弾はシュウカイドウです。
 実は9月10日の誕生花がシュウカイドウでしたので、1週間遅れての登場です(ボケっとしていてすみません)。また、残念なことにシュウカイドウの切手を見つけることができませんでしたので、同じ属のベゴニアも一緒に取り上げます。
 
 どちらもシュウカイドウ科 Begonia属(シュウカイドウ属またはベゴニア属)の植物です。
 シュウカイドウは中国南部からマレー半島が原産地で、日本には江戸時代初期に持ち込まれ、その後野生化するようになったようです。漢字で書くと、「秋海棠」。 花色がカイドウ(バラ科)に似ているのでこの名前がつけられたそうです。
 それとは別に、後に園芸用に持ち込まれたのがベゴニアで、園芸店などではシュウカイドウとは別に取り扱わているようです。

 Begoniaの外観上の特徴は、葉が左右対称ではない点です。
 
シュウカイドウ Begonia grandis

    55IMGP3184_convert_20100908222107.jpg     55IMGP3185_convert_20100908222206.jpg
      撮影:2003年8月24日 『山奥植物園』 

ベゴニア Begonia sp.

    55IMGP2562_convert_20100908221743.jpg     55IMGP2593_convert_20100908221854.jpg 
    撮影:2003年6月29日 加西市「県立フラワーセンター」

    55IMGP3142_convert_20100908222004.jpg     55IMGP3343XX_convert_20100908222242.jpg
   撮影:2003年8月17日   撮影:2004年8月15日
   大阪市「天王寺植物園」    宇部市「常盤公園」

Begonia属の切手をご紹介します。

ベゴニア・センペルフロレンス Begonia semperflorens 
 semper=いつも、florens=花ですから「四季咲き」ということになります

    stsie0204.jpg       strus0105.jpg
  1993年 シエラレオネ発行  1993年 ロシア連邦発行

(左)ベゴニア・ロブスタ Begonia robusta   
(右)ベゴニア・ハーゲアナ Begonia haageana

    stidn0112.jpg        stgyn0502.jpg
2004年 インドネシア発行    1994年 ガイアナ発行

(左)ベゴニア・セデニ Begonia sedeni    
(右)キュウコンベゴニア Begonia tuberhybrida

    stgyn0101.jpg                  stbel0602.jpg
  2003年 ガイアナ発行        1960年 ベルギー発行
                          (ゲント・フロラリア)

 ●シエラレオネの切手は、12種セットのうちの1枚で、きれいな印刷の切手です。
 ●インドネシアの切手は、例の30種セットのうちの1枚です。
 ●1994年のガイアナの切手は、12種がシートになったうちの1枚です。いずれも熱帯の花が大きく描かれていてきれいな切手です。
 ●2003年のガイアナの切手は、4種(多分)セットのうちの1枚です。
 ●ベルギーの切手は、同国で5年に1回開催される花の祭典「ゲント・フロラリア」を記念するもので、3種セットのうちの1枚です。「ゲント・フロラリア」は、2010年で200周年を迎える長い伝統をもった行事で、開催のつど記念する切手が発行されてきました。
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR