2233.今日の植物(1730):イワウメ

 今日の植物は、イワウメという植物です。

 イワウメは、イワウメ科 Diapensia 属(イワウメ属)の植物で、亜種を含めて5種が北半球に分布する植物です。

 日本にもイワウメという種が分布していて、この種は日本以外に朝鮮半島、サハリン、シベリア、カムチャツカにも分布しているということです。
 日本では本州中部から北の高山帯に分布し、岩礫地や岩場に貼りつくようにして生育しているということです。厚い革状の葉がクッション状に密生していてこれが木本だとは思えない外観だと、ウイキペディアに記してありました。
 これまで、山で出会ったことがないように思いますが、これも出合ってみたい植物の一つです。

 振り返ってみると、イワウメ科の植物がこのブログに登場するのは今回が2回目で、その第1回はイワカガミでこれが2010年の9月でしたから6年以上も前のことになります。

 写真です。ウイキペディアから借りています。

イワウメ Diapensia lapponica subsp. Obovata

    イワウメ[1]

 切手です。

イワウメ Diapensia lapponica var. obovata(=D. lapponica subsp. Obovata)

    stjpn0213.jpg
1986年 日本発酵(高山植物)
 ●日本のこの高山植物シリーズは14種が発行されましたが、いずれもきれいな印刷でよいシリーズだと思います。それと植物の学名が記載されている点も海外の人には親切な配慮だと思います。このような植物切手を発行してもらいたいものです・・・ぶつぶつ
スポンサーサイト

074.白山で出合った植物(7):コイワカガミ

 間がとんでおりましたが、久しぶりに「白山で出合った植物」シリーズ、コイワカガミです。

 コイワカガミは、イワウメ科 Schizocodon属(イワカガミ属)の植物です。
 名前は「小岩鏡」、岩場に生えて葉が鏡のような光沢を持つことから来ています。ピンクの可憐な花が印象的でした。イワカガミは春先に咲くのですが、このコイワカガミは8月でも出合うことができてラッキーでした。

コイワカガミ Schizocodon soldanelloides f. alpinus

    71P1010171_convert_20100921221358.jpg 
   撮影:2010年8月1日「白山」

    P1030173.jpg
 撮影:2011年7月30日 「立山」 

(左)イワカガミ Schizocodon soldanelloides  
(右) ヒメイワカガミ Schizocodon ilicifolius

    71IMGP2247XX_convert_20100921221235.jpg          71IMGP2075XX_convert_20100921221145.jpg
撮影:2004年5月14日 神戸市「六甲高山植物園」     

切手のSchizocodon属です。

イワカガミ Schizocodon soldanelloides   

    stjpn5803X.jpgstjpn5804.jpg 
      
2008年 日本発行 (ふるさと切手・国土緑化「秋田県」)

    stjpn6004.jpg
   
2002年 日本発行 (ふるさと切手「越後の花」)

 ●2008年発行の切手は、2枚続きの切手が5組、合計10枚で1シート編成となっています。
 「国土緑化」切手が最初に発行されたのは、1965年です。1971年からは毎年発行されるようになり、その後、「全国植樹祭」が開催される都道府県にゆかりの植物や風景を描いた切手が1枚ずつ発行されるようになりました。2008年からは、この切手のように5組10枚のシートの形で発行されるようになっています。
 ●2002年の切手は、4種連刷(違う切手を続けて印刷することです)のセットです。    
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR