107.酒の植物(3):ホップ

 ビールにかかわる植物といえばもちろんビール麦でしょうが、それに劣らず重要なのが本日の誕生花でもあるホップです。
 ホップはセイヨウカラハナソウとも呼ばれ、アサ科 Humulus属(カラハナソウ属)の植物です。かつては、クワ科の植物に分類されていたのですが、今回初めてアサ科だということを知りました。
 この植物の「毬花」と呼ばれる部分がビールに苦みと香りを与え、また泡の生成にも力を発揮し、防腐効果もあるというすぐれものです。 

 (以下の記事は、2013年7月10日追加分です)

 ホップに関する新しい情報です。 
  血液の鉄人の医学切手アラカルトによれば、ホップに含まれている成分がコレステロールの運搬を阻害することにより、動脈硬化を予防する働きがあるということです。しかも、このような機能を持った物質はこれまで自然物にも合成物にも見つかっていなかったのだそうです。
 ビール好きのメンバーにはまことに力強い応援歌です!ビールを楽しんで健康増進といきましょう。

ホップ(セイヨウカラハナソウ) Humulus lupulus

    107IMGP0490_convert_20101026060542.jpg     107IMGP0491_convert_20101026060631.jpg
    撮影:2003年10月26日 長岡京市「サントリー京都ビール工場」
   
    
107IMGP2987_convert_20101026060714.jpg     107P1010424_convert_20101026060838.jpg
   撮影:2003年8月3日    撮影:2010年10月11日
  西宮市「北山緑化植物園」   長岡京市「サントリー京都ビール工場」

 ●サントリーの京都ビール工場の玄関先にこのホップが生垣のようにして植えてあります。ことしも同じ場所にありました。この工場を訪問したのは、もちろんビールの試飲が目的で、小生ジョッキ3杯を旨くいただいてきました。

それから切手です。

ホップ(セイヨウカラハナソウ) Humulus lupulus

    
sthun1206.jpg              stcze0504.jpg
 1961年 ハンガリー発行   1961年 (旧)チェコスロバキア発行 
     (薬用植物)                 (農産物)

     
styug1601.jpg
1955年 (旧)ユーゴスラビア発行 
      (薬用植物)

 ●ハンガリーの切手は、8種セットで発行されたうちの1枚です。きれいな印刷の切手です。
 ●チェコスロバキアの切手は、6種セットのうちの1枚です。凹版印刷の上品な切手です。ホップとともに、グラスから溢れんばかりのビールが描かれています。
 ●ユーゴスラビアのこの切手は、9種セットの薬用植物シリーズの第1弾として発行されたもののうちの1枚です。こちらも繊細な印刷で、人気のシリーズです。先に登場したタバコもこの1955年のシリーズの中にありました。
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR