750.今日の植物(424):アイ

 本日の誕生日の花、アイという植物です。

 アイは、タデ科 Persicaria属(イヌタデ属)の一年生植物です。
 漢字で書くと「藍」、他にアイタデとかタデアイとも呼ばれます。

 代表的な染色用の植物で原産地はインドなのですが、紀元前の古くから世界中で青色の染料として使われていたということです。
 このアイで染めたブルーをインディゴ(ブルー)と呼びますが、これも原産地のインドから来ているようです。

 日本には6世紀頃に中国から伝わって来たようです。それ以降全国で栽培されており、特に阿波の国はアイの産地として有名でした。
 日本の藍染めの技術は高度なもので、このアイで染めた鮮やかなブルーは「Japan Blue」と呼ばれていました。

 その後、インド産の安いアイが入ってきたり工業的に合成された染料が使われだしたりして、日本産のアイは縮小の一途をたどったようです。でも、染まった時の色の深さ、堅牢度など天然のアイの愛好家も多いということです。

 「出藍之誉」という言葉があります。この染料の藍はアイの葉からとるのですが、染料の方が葉よりも青色が濃いところから「弟子が師よりもすぐれている」ことをいうのだと教わりました。

 写真です。1枚だけありました。

アイ Persicaria tinctoria

    IMGP2730.jpg
撮影:2003年7月20日 神戸市「市立布引ハーブ園」
 ●アイは以前はタデ属に分類されていて「Polygonum tinctorium」とされていたのですが、「Persicaria」の方が標準ということになっているようです。
 ●ついでに、「Persicaria」は「モモに似ている」という意味で、アイの葉がモモの葉に似ていることから来ているようです。
  また、「tinctoria」は「染料の」という意味です。

 切手は手元にはありませんでした。どこかの国で発行されていそうですので、探してみましょう。

(以下2014年5月27日追加分です)

 と言っていましたが、切手を入手しました。やはり、染色用の植物として取り上げられていました。

アイ Persicaria tinctoria

     stkor1704.jpg
2002年 大韓民国発行(染色用植物) 
 ●同じシリーズで発行された植物の切手が全部で4種あるのですが、バックの色はその植物で染めた色というセンスのいい切手です。このような切手を日本でも発行してくれると嬉しいですが。
  後の3種は次の植物です。
   ベニバナ  http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-505.html
   ムラサキ  http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1055.html
   オオトネリコ (トネリコ) http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-561.html
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR