1448.秋吉台で出会った植物(13):ネコノチチ

 昨日のクロウメモドキの記事を書いていて、この面白い名前に気付いて取り上げました。
 漢字で書くと「猫の乳」、どんな植物なんだろうか・・・という感じですな。

 ネコノチチは、昨日と同じクロウメモドキ科 Rhamnela属(ネコノチチ属)の落葉小低木およびその植物群です。

 種としてのネコノチチは、わが国の本州神奈川県以西から四国、九州それに朝鮮半島や中国に分布しているということです。
 名前は、この植物の果実が長楕円形でこれが猫の乳首に似ているところから命名されたのだそうです。
 属としてのネコノチチは、8種ほどが知られているということです。

 植物の名前にネコ(猫)が使われているものというのは結構多いのです。このダイアリーに登場したものでは、次のようなものがあります。
  ネコヤナギネコノメソウネコノヒゲネコジャラシ(エノコログサ)キャッツテール(アカリファ)
 目や髭、尻尾とネコになぞらえた面白い名前がありました。ほかにネコノシタというのもあるそうですから、全身で貢献しているのです。

 で、さっそく写真です。 いずれも花の写真ですので、果実の写真はウイキペディアから借用してきました。生えている場所を確認しましたので、秋には果実の写真を撮ってきましょう。

ネコノチチ Rhamnela franguloides
 
     P1130385.jpg     P1130386.jpg
撮影:2014年6月21日 美祢市「秋吉台」長者ヶ森

    P1090980.jpg     P1090981.jpg
 撮影:2012年6月13日 京都市「府立植物園」

    800px-Rhamnela_franguloides[1]
 ●果実はこの後、赤、黒と色を変えていくのだそうです。

 Rhamnela属を描いた切手は手元にありませんでした。
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR