1875.今日の植物(1382):ホルムショルディア

 今日の植物は、ホルムショルディアという植物です。
 久し振りに手元に切手と写真の両方がある植物になります。実は、このブログの最初の方でたくさん取り上げたこともあって、切手と写真(自分で撮った)とが手元にある植物というのは残りが少なくなっているのです。ということで時々登場ということになっています。
 写真だけがあるという植物も多いので、その植物を描いた切手がないかと切手のオークションサイトなどを調べるというような対策もとっておるのです・・・・

 で、今日の植物、ホルムショルディアは、クマツヅラ科 Holmskioldia属(ホルムショルディア属)の植物です。
 最近の遺伝子解析に基づいた分類体系ではこのHolmskioldia属はシソ科に分類されているようですが、とりあえずは従来の分類に従ってクマツヅラ科としておきました。

 この属名の読み方ですが、綴りをそのまま読むと「ホルムスキオルディア」という風になりそうですが、どの解説書でもホルムショルディアとされていましたのでこれに従いました。
 このHolmskioldiaは、デンマークの植物学者Johan Theodor Holmskjold氏に因んで命名されたそうで、それだとホルムスキヨル(?)植物の学名は読みにくいものが結構あるのです。といいますか、あえて日本語読みにすることもないか・・というところです。

 で、そのHolmskioldiaですが、この属には切手に出ているHolmskioldia sanguinea種の1種のみが認められているということです。
 もともとはヒマラヤ地域(インド、ネパール、ブータン、パキスタンなど)を原産地とする植物だったようですが、園芸用に広く栽培されるようになって、世界に広がり現地で自生化したのものあるということです。

 英語名はChinese hat plant、花の形を中国風の帽子に見立てたようです。

 写真です。

ホルムショルディア・サンギネア Holmskioldia sanguinea

    P1080191.jpg   P1040518.jpg
  撮影:2012年1月22日 京都市「府立植物園」

    P1040517.jpg
 撮影:2012年11月22日 京都市「府立植物園」

 Holmskioldia属を描いた切手です。

ホルムショルディア・サンギネア Holmskioldia sanguinea

    stsyr0303.jpg
1980年 シリア発行(国際フラワーショー) 
 ●この植物がHolmskioldiaであることは、小倉博士の「世界植物切手図鑑」で知りました。図鑑がなかったら全く分からなかったと思います。
  小倉博士はこの図鑑の中で、属名を同じ綴りながら「ホルムスキオルディア」とされていました。

スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR