1966.今日の植物(1473):エレモマスタクス

 今日の植物は、エレモマスタクスという植物です。引き続き属名Eです。

 エレモマスタクスは、キツネノマゴ科 Eremomastax 属(エレモマスタクス属)の低木で、切手に取り上げられているEremomastax speciosa種の1種のみが確認されているという小さな属です。

 頼りのウイキペディアに記事がなかったものですから、ほかのサイトの情報によりますと、このEremomastax speciosaは、アフリカの熱帯地域に広く分布しているということです。この植物の特徴として、四角形をした幹を持ち葉の下部が紫色になるのだそうです。
 この植物は、また薬用植物としても利用されているようです。アフリカの現地では、貧血を治療したり、潰瘍の治療薬として使われているという情報がありました。

 写真です。ネットから借りてきました。独特の形をした花を持っています。葉の下部が紫色というのはどこのことを言っているのかよく分かりませんでした。

エレモマスタクス・スペキオサ Eremomastax speciosa

    unk_1[1]

 切手です。

エレモマスタクス・スペキオサ Eremomastax speciosa

    stdah0206.jpg
1967年 (旧)ダホメ共和国発行
スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR