2400.今日の植物(1888):ワルツェウイツィア

 今日の植物は、ワルツェウイツィアという植物です。

 ワルツェウイツィアは、アカネ科 Warszewiczia属(ワルツェウイツィア属)の植物で、この属には9つの種が含まれるようです。
 ウイキペディアによりますと、この植物は中南米の熱帯地域に分布する植物で、そのうち切手に描かれているWarszewiczia coccinea種が最もよく知られている種で、この種はトリニダード・トバゴの国花とされているということです。

 属名のWarszewicziaは19世紀のポーランドのラン収集者であるJózef Warszewicz氏に因んで命名されたということです。

 写真です。手元にないものですから、ウイキペディアから借用しています。

ワルツェウイツィア・コッキネア Warszewiczia coccinea

    Chaconia_UWI_2005b[1]
 鮮やかな赤い色の部分は葉のようにみえますが、花弁だということです。この色で、受粉させてくれる昆虫を引き寄せるのだそうです。

 切手です。引き続きトリニダード・トバゴから発行されたセットの中の切手です。

ワルツェウイツィア・コッキネア Warszewiczia coccinea

    sttri0313.jpg
1983年 トリニダード・トバゴ発行(普通切手)

(おしらせです)

 これまで切手がなかった植物の切手を入しましたので、掲載しました。
  コンロンソウ パンパスグラス

スポンサーサイト
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR