FC2ブログ

2518.今日の植物(2004):グロブラリア

 今日の植物は、グロブラリアという植物です。

 グロブラリアは、ゴマノハグサ科 Globularia 属(グロブラリア属)の植物で、The Plant Listによれば変種や亜種を含めて34種が確認されているということですから、小さな植物群ということになりそうです。

 ゴマノハグサ科としましたが、ややこしいゴマノハグサ科の例にもれず最新の遺伝子解析に基づく分類ではオオバコ科とされています。
 前々回のCraterostigma 属(クラテロスティグマ属)が当初はゴマノハグサ科とされていたのがオオバコ科とされ、さらに現在ではアゼナ科になっているという例がありましたが、今回のグロブラリア属はオオバコ科への変更にとどまっている、という恰好でしょうか。

 ウイキペディアによりますと、この属の植物はヨーロッパ中南部、アフリカ北西部および東南アジア地域を原産地としているということです。
 マット状に広がり、白や紫、バイオレット、ピンクの小さな花を咲かせ、園芸用に栽培される種もあるということです。
 切手に描かれているGlobularia amygdalifolia種は、切手の発行国のカーボベルデ固有の種で、絶滅が危惧されている種でということです。

 写真です。珍しく手元に1枚あったのです。それと切手に描かれているGlobularia amygdalifolia種の写真をネットから借用しています。

グロブラリア・サリキナ Globularia salicina

     P1040324.jpg 
 撮影:2012年1月9日 神戸市元町
 ●元町から再度山(ふたたびさん)への登り口の小さな園芸店の花壇で見つけたような記憶があります。

グロブラリア・アミグダリフォリア Globularia amygdalifolia

    Globularia_amygdalifolia.jpg

 切手です。

グロブラリア・アミグダリフォリア Globularia amygdalifolia

    stcve0402.jpg
2001年 カーボベルデ発行(薬用植物)
 ●薬効があったのですね。種小名のamygdalifoliaは「モモ属の葉のような」という意味です。
 ●この切手と一緒に発行された切手です。⇒切手植物図鑑

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を掲載する予定ですので、また覗いてみてください。)
スポンサーサイト



↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR