FC2ブログ

942.今日の植物(577):マホガニー

 本日の植物は、マホガニーという植物です。先日センダン科のインドセンダンが登場しましたが、忘れないうちに同じセンダン科の植物です。

 マホガニーは、センダン科 Swietenia属(マホガニー属)の常緑高木で、西インド諸島が原産地とされています。現在では、メキシコ南部から中南米で栽培されています。

 材は加工しやすく乾燥したあとは狂いも少なく、耐久性も高いというすぐれた性質を持っており、世界の三名木の一つとされています。
 三名木のあと二つは、ウオールナット(クルミ)とチークです。

 マホガニー属には次の3種があるそうでいずれも高級な材とされています。また、原産地での乱伐が進んだことから3種ともワシントン条約により取引が制限されているのだそうです。
 マホガニー(Swietenia mahogani)=キューバマホガニー、スペインマホガニーとも呼ばれます
        
 オオバマホガニー(Swietenia macrophylla)=ホンジュラスマホガニーとも呼ばれます
 メキシコマホガニー(Swietenia humilis

 そのようなことから原木の入手が困難になり、マホガニーに似た分類上は他の植物に当たる材もマホガニーの名前で販売されているということですから要注意です。というより、「マホガニー製」とあったら偽物と考えた方がよいということでしょうね。

 Swietenia属の写真です。いずれも撮影した写真が不明瞭なものですから、英語版ウイキペディアから応援をもらいました。

マホガニー Swietenia mahagoni

    P1070017.jpg      Tree_in_new_leaves_I_IMG_6222[1] 
    撮影:2012年8月17日    こちらウイキペディアです。
     宇部市「常盤公園」

オオバマホガニー Swietenia macrophylla
 
    P1040769.jpg         Fruit_with_leaves_at_Branch_Canopy_I_IMG_8673[1]
  撮影:2012年2月12日      こちらウイキペディアです。
東京都「夢の島熱帯植物園」

 切手です。調べたところ全てオオバマホガニーのようです。

オオバマホガニー Swietenia macrophylla

    stdmnc0301.jpg    stdmnc0302.jpg

     stdmnc0303.jpg     stdmnc0304.jpg
以上4枚は、1957~1958年 ドミニカ共和国発行(普通切手)
 
    stsin1101.jpg           sthndb0304.jpg
2010年 シンガポール発行  1969年 英領ホンジュラス発行
                           (林業)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR