FC2ブログ

949.今日の植物(580):アスナロ

 本日はアスナロです。ヒマラヤスギが本日の誕生日の花だったのですが、これも登場すみということで、同じヒノキ科のアスナロです。

 アスナロは、ヒノキ科 Thujopsis属(アスナロ属)の常緑高木で1属1種の植物です。日本の固有種で、本州の岩手県以南から四国、九州に分布しています。

 ヒノキに似ていますが、葉や茎がヒノキよりも幅広く、時間が経つにつれてその幅はさらに広くなるということです。
 材は黄白色で芳香があり、殺菌力と耐湿性に優れているところから、まな板用としては最高級にランクされているのだそうです。

 名前を漢字で書くと「翌檜」、ヒノキに似ているところから、「明日は檜になろう」というところから来たのだという説があるようです。
 別名はラカンハク(羅漢柏)。また地方によっていろいろな名前で呼ばれているようで、青森県では「ヒバ(変種のヒノキアスナロを指すこともあるようです)」、秋田県では「ツガルヒノキ」、岩手、山形県では「クマサキ」、石川、富山県では「アテ」などと呼ばれているということです。それだけ親しみを持たれる木なのでしょう。

 Thujopsis属の写真です。

アスナロ Thujopsis dolabrata

    IMGP1944X.jpg  

撮影:2004年1月10日 交野市「大阪市立大植物園」

ヒノキアスナロ Thujopsis dolabrata var. hondae

    IMGP1848.jpg  
撮影:2003年5月23日 亀岡市「大本花明山植物園」

フイリアスナロ Thujopsis dolabrata cv. variegata

    IMGP1942X.jpg
撮影:2004年1月10日 交野市「大阪市立大植物園」

 Thujopsis属を描いた切手です。

ヒノキアスナロ Thujopsis dolabrata var. hondae

    stjpn5501.jpg
1983年 日本発行(国土緑化)
 ●この年に石川県で全国植樹祭が開催されました。
 ●切手には石川県の木であるアテ(アスナロ)と県の花のリンドウが描かれています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR