FC2ブログ

992.今日の植物(621):オニソテツ

 今日の植物は、属名Eからオニソテツという植物です。

 オニソテツは、ソテツ科 Encephalartos属(オニソテツ属)の常緑低木の総称で、アフリカ原産の植物です。
 オニソテツの仲間のあるものは幹の中央部分が食用になるとことから、「Bread Palm(パンのヤシ)」と呼ばれる種もあるということです。

 和名を漢字で書くと「鬼蘇鉄」、普通のソテツよりも頑丈そうなところから命名されたのでしょう。
 写真でヒメオニソテツ(姫鬼蘇鉄)などという名前も出てきますから「どんなソテツじゃろかい」です。

 アフリカに数十種が分布しているのですが、全ての種が絶滅の恐れがある状態だということです。

 Encephalartos属の写真です。この2種とも南アフリカ原産だということです。

ヒメオニソテツ Encephalartos horridus
 
●和名はヒメなのですが、種小名の「horridus」は「恐ろしい」という意味なのだそうです。
 ●後の切手には「トノサマ」も登場します。

    P1020677.jpg
撮影:2011年6月19日 淡路市「奇跡の星の植物館」

トゲオニソテツ Encephalartos ferox

    P1070430.jpg  P1070431.jpg

    P1070432.jpg
撮影:2012年10月8日 広島市「市立植物公園」

 Encephalartos属を描いた切手です。4枚ありましたが、全て同じ「国」から発行されたものです。

(左)アルテンスタインオニソテツ Encephalartos altensteinii
(右)トノサマオニソテツ Encephalartos princeps
 ●「トノサマ」の方の種小名「princeps」は「王侯の、貴公子のような」で、和名もこれを踏まえています。

       sttra0701.jpg       sttra0702.jpg
 
(左)ナガゲオニソテツ   Encephalartos villosus
(右) エンケファラルトス・フリデリキギリエルミ Encephalartos friderici-guilielmi

    sttra0703.jpg       sttra0704.jpg
1980年 (旧)トランスカイ発行
 ●トランスカイは現在の南アフリカにあった「国」で、当時の人種差別をいわば隠すために作られた国でした。
 ●このように同じ属の切手を発行するというのは、この植物のことをよく知ってもらいたいというような強い意志が感じられていいですね。多分、絶滅が危惧されているというようなことも背景にあったのではないかと思います。

(おしらせです)

 その後入手したソテツの切手を追加しておきました。
  ソテツ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-667.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR