FC2ブログ

1004.マングローブの植物(3):メヒルギ

 マングローブの植物の第3弾はメヒルギという植物です。
 これまでマングローブを構成する植物としてオヒルギオオバヒルギというヒルギ科の植物が登場してきましたが、このメヒルギの登場でヒルギ科3兄弟ということになります。(もちろん、そんな3兄弟という言葉はないでしょうが)

 メヒルギはヒルギ科 Kandelia属(メヒルギ属)の常緑樹の総称であり一つの種でもあります。

 種としてのメヒルギは、東シナ海から北の中国南部、台湾・日本に分布する植物です。日本では、沖縄県および鹿児島県に自生していて、日本が分布の北限だということです。

 名前を漢字で書くと、「雌漂木」となります。オヒルギ(雄漂木)に対して、メヒルギの胎生種子が小さいことからきているということです。
 別名をリュウキュウコウガイとも呼ばれていますが、これはメヒルギの花が笄(かんざし=コウガイ)に似ているところから来るようです。 

 写真ですが、手元にありませんでした。ウイキペディアからの借用です。

メヒルギ Kandelia obovata

    800px-Kandelia_obovata_mehirugi_hana[1]    631px-Kandelia_obovata_mehirugi_hana[1]
 ●花を「かんざし」にみたてたのもうなずけます。

 切手は手元には1枚だけありました。

メヒルギ Kandelia obovata 

     sttwn0402.jpg
        台湾発行 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR