FC2ブログ

005.植物の名前(1):ツリフネソウ

 「植物の名前」シリーズで、最初はツリフネソウです。

 ツリフネソウは、ツリフネソウ科 Impatiens属(ツリフネソウ属)の一年草で、わが国はじめ朝鮮半島や中国に分布している植物のようです。

  ツリフネソウ属の仲間には、ほかにホウセンカや園芸店で売られているインパチエンスなどがあります。
 漢字で書くと「吊船草」でしょうか。「釣船草」と表記する場合もありますが、船を吊っているという感じの方がぴったりするように思います。岐阜県でしたか、軒先に船を吊っている光景を思い出します。

 属名のImpatiensは英語のImpatienceに当たりますから、「せっかち、我慢できない」といった意味です。鳳仙花の実った種子に触れるとくるくると巻いて種を散らすますが、その様子から名前が付けられたのでしょう。
 同じ花を見ても思いつく名前が違うものですね。

ツリフネソウ Impatiens textorii

    3.ツリフネソウ        2IMGP5405_convert_20101013225455.jpg
     撮影:2005年9月19日         撮影:2005年9月19日
      綾部市「光明寺」          亀岡市「大本花明山植物園」

(以下2枚は、2011年11月1日追加分です)

    P1030735.jpg     P1030736.jpg
撮影:2011年10月9日 桜井市三谷地区  「山野草の里」

(次の2枚は、2014年9月27日追加分です)

キツリフネ Impatiens nolitangere

    P1140352.jpg     P1140353.jpg
撮影:2014年9月26日 『山奥植物園』 
 ●自宅からすぐのところに群生していました。こんなにたくさんの群生は初めて見ました。ちょっと嬉しくてドキドキものでした。

ツリフネソウの仲間の切手です。  
                                                               
キツリフネ Impatiens nolitangere

    styug0702.jpg
 1975年 (旧)ユーゴスラビア発行

 ●(旧)ユーゴスラビアは、1959年から隔年で「薬用植物」シリーズ(当初は9種セットで)を発行していました。非常にきれいな切手で人気のシリーズです。その後、1975年から「花シリーズ」となり、このキツリフネはその1枚です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR