FC2ブログ

1047.癒しの植物(31):シソ

 今日の植物はシソです。本日の誕生日の花、キランソウに代って同じシソ科から本家筋の登場です。ですが、なぜ今までシソが登場しなかったのでしょうか?

 シソはシソ科 Perilla 属(シソ属)の一年草で、原産地は中国からヒマラヤあたりだそうです。日本には古く縄文時代には渡来していたといいますから長い歴史を持つ植物なのです。

 日常的に目にするシソとしてはアオジソとアカジソがあって特に我々には親しい植物です。
 アオジソは、葉や花を香味野菜として刺身のつまやてんぷらに、アカジソは梅干、しば漬けなどの色づけに使われます。

 ウイキペディアによりますと、カロテン、ビタミンB、カルシウム、食物繊維、カリウムなどの栄養素を豊富に含んでいて、特にβカロテンの含有量は植物の中でもトップクラスなのだそうです。
 独特の香りは嗅覚神経を刺激して胃液の分泌を促し、食欲を増進させるほか、健胃作用や食中毒予防効果もあるということです。食欲の低下する夏などうに、アカジソを粉末にした「ゆかり」という名前のふりかけがおいしかったのを思い出しました。

 Perilla 属の写真です。

アカジソ Perilla frutescens var. crispa f. purpurea

    IMGP2725.jpg
撮影:2003年7月20日 神戸市「市立布引ハーブ園」

アオジソ Perilla frutescens var. crispa f. viridis

    IMGP2732.jpg       IMGP5440.jpg
    撮影:2003年7月20日       撮影:2005年9月19日
   神戸市「市立布引ハーブ園」    和知町「わち山野草の森」

 切手は残念ですが、手許にありませんでした。切手にしにくい植物でしょうな。


 と言っていましたが、切手がありました。

アカジソ Perilla frutescens (var. crispa f. purpurea)

    sttwn3702.jpg
  2014年 台湾発行
 ●切手には、種名としてシソ(Perilla frutescens )とだけ記載されていましたが、アカジソとしました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR