FC2ブログ

1074.昔食べました(7):チガヤ

 久しぶりの「昔食べました」シリーズ、第7弾はチガヤです。

 チガヤは、イネ科 Imperata 属(チガヤ属)の多年草で、我が国をはじめアジアやアフリカに広く分布している植物だそうです。
 ちょうど今頃、白い穂が風に揺れる風景を見ることができます。

 昔、子供の頃このチガヤの若い花穂をツバナと呼んで、取り出して噛んでいました。甘い味がして、チューインガムの代りのような「おやつ」だったのです。
 ウイキペディアによると、チガヤはトウモロコシとも近縁で植物体に糖分を蓄える性質があるのだそうです。それで甘かったのですね。万葉集にもこの花穂を噛むという記述があるそうですから、子供の頃のおやつは長い伝統を引き継いだものだったのだ・・・
 そのほか、チガヤは乾燥させて屋根を葺くのに使われたのだそうです。いわゆる「茅葺」です。ほかにススキなども屋根を葺くのに使われたそうです。

 チガヤ属には10種があって、そのうち日本にはこのチガヤ1種が分布しているということです。

 チガヤは地下茎によって広がっていきますので非常に繁茂力が強く、駆除しにくい植物でもあります。そんなことから、「世界最強の雑草」という称号を与えられて、「侵略的外来種ワースト100(IUCN 2000)」に選定されているということです。

 写真です。おやつのツバナの写真は撮れていません、来年にしましょう。

チガヤ Imperata cylindrica var. koenigii

    P1090676.jpg      P1090682.jpg 
以上2枚は、撮影:2013年6月3日 『山奥植物園』

    P1090679.jpg
撮影:2013年6月3日 山口市 四十八瀬川畔
 ●この川は「しじゅうはっせ」と読みます。もう少ししたらゲンジボタルが乱舞するのだそうです。

 切手は手許にありませんでした。雑草とされているようですから切手に取り上げられるのは難しいかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR