FC2ブログ

104.今日の植物(19):ハマゴウ

 本日取り上げたのは、ハマゴウという植物です。
 ハマゴウは別に本日の誕生花でもないのですが、この植物の名前を知った経緯が印象に残ったからです。

 当初、切手に描かれているこの植物の名前が分かりませんでした。ちょうど、タバコの記事(9月29日付け)を書いているときで、この切手が鳥取砂丘を描いていることもあって、この植物はひょっとしたらタバコではないかと考えたのです。(特徴は随分違っていたのですが)

 そこで、ネット上のこの切手について説明しているサイトで、描かれている植物の名前を表示しているものがないか調べてみました。結局どのサイトも、「これは鳥取砂丘である」と説明しているだけで、植物に関する記述はありませんでした。
 というのも、その説明内容は、日本郵政の発表内容(植物名ついては触れてありません)をそのまま写しただけだったからです。

 その日本郵政の発表資料に、この切手をデザインした人が石山雅章さんというグラフィックデザイナーであることが記載されていましたので、電話番号を調べて直接彼のデザイン事務所に電話をしました。ちょうど折よくご本人がおられて、この植物がハマゴウであることを教えてもらいました。
 石山さんの説明では、鳥取砂丘では夏にこの花が咲くそうで、なかなかきれいな花だそうです。同じような問い合わせがもう一人からもあったということも教えてもらいました。
 ということは、あの植物は何だろうかとデザイナーに質問した人は二人しかいなかったということになるのでしょうか?

 ちょっと長くなりますが、この一件で思ったことですが、ネット上の情報というのは、今回のように出所の同じ情報がコピーされて大量に流されているということも多いのですなあ。
 もう少し、突っ込んで自分で調べてみるといろんなことが分かるということもあると思うのですが、他人が掲載した情報をそのままコピーと貼り付けで自分の情報としていることが多いと、自戒を込めて改めて考えました。疑ってみる、自分で考える、ということを放棄してしまう恐れもあります。
 このブログの記事を作成する場合も、ネット上の情報を疑いもせずにそのまま転記することもあります。本当は、元の情報に当たって確認して、というプロセスが必要なのでしょうが、時間がない・・・などと言い訳しながら手を抜いてしまっています。  

 たとえ間違った情報でも、多数のコピーと貼り付けで、多数意見になってしまうというようなことも起こりえるわけです。
 ある大学教授が、学生に、レポートを作成する際にインターネットで調べた情報を使用することを禁止した、という記事を読んだことがありますが、その教授が心配されていることがよくわかるような気がしました。
 
 前置きが長くなりましたが、ハマゴウは クマツヅラ科 Vitex属(ハマゴウ属)の植物です。
 東アジアから東南アジア、オーストラリアまで浜辺の砂地に広く分布する低木だそうです。

ハマゴウではありませんが、Vitex属の写真が1枚だけありました。


(以下2枚は、2012年8月27日追加分です)

ハマゴウ Vitex rotundifolia

    P1060778.jpg     P1060780.jpg
撮影:2012年8月10日 「鳥取砂丘」
 ●帰省の途中で鳥取砂丘に寄って、ハマゴウに出合うことができました。切手に描かれていた通りで、これは嬉しかったです。

タイワンニンジンボク Vitex negundo var. heterophylla

    97IMGP2668XX_convert_20101012225126.jpg
    撮影:2004年5月30日 名古屋市「東山植物園」  

(以下2枚は、2011年7月23日追加分です)

セイヨウニンジンボク Vitex agnus-castus

    P1020898.jpg     P1020900.jpg 
  撮影:2011年7月16日 西宮市「北山緑化植物園」

Vitex属の切手です。

ハマゴウ Vitex rotundifolia

    stjpn11901.jpg
    2001年 日本発行 (ふるさと切手「ふるさと鳥取」)
 ●これがその鳥取砂丘の切手です。砂丘の広がりが実感できるデザインと、手前のハマゴウ、一度見に行きたいと思わせるデザインです。

(左)ビテックス・ドニアナ Vitex doniana    
(右)セイヨウニンジンボク Vitex agnus-castus

     stgam0201.jpg            stmlt0107.jpg
      ガンビア発行             2003年 マルタ発行

 ●ガンビアの切手は、前にサルトリイバラの時に出てきたのと同じ8種シリーズのうちの1枚です。
 ●マルタの切手は、6種セットのうちの1枚です。手元には、マルタから1999年、2000年、2001年、2003年に発行された各6種セットの植物切手があります。いずれもこの切手のようにきれいな印刷で楽しいシリーズです。

 写真とこの3枚の切手をみていると、同じVitex属といいながら随分印象が違っています。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR