FC2ブログ

1140.今日の植物(748):タイタンビカス

 今日の植物は、タイタンビカスという植物です。本日の誕生日の花ハイビスカスに代って登場です。
 ですが、タイタンビカスといっても余り馴染みがないのではないかと思います。私もこれまで知らなかった名前です。

 タイタンビカスは、アオイ科 Hibiscus 属(フヨウ属)の植物で、三重県にある㈱赤塚植物園という会社が2009年にアメリカフヨウとモミジアオイ(いずれもフヨウ属)を交配したものから選んで作出したものだということです。
 とにかく旺盛な繁殖力を持っていて、真夏の暑さに耐え、冬の間も根は残って翌年にはまた元気に成長するのだそうです。そんなところからこのタイタンビカスという名前が付けられたのだそうです。

 この植物を知ったきっかけは、地元の新聞「山口新聞」に「タイタンビカス開花」という記事が掲載されていたのを読んだことによります。咲いたのは個人のお宅なのですが、地方紙はこのような身近な出来事を取り上げた記事が多くて楽しいものです。

 新聞社に電話をして、場所を教えてもらって出かけてみました。
 アメリカフヨウも大きくなる種なのですが、このタイタンビカスはそれ以上の大きさで見上げるほどの高さがありました。また、花も大人の顔くらいの大きさ、と何もかもがスケールが大きいのです。
 花はアメリカフヨウの特徴(フヨウ仲間の特徴)を受け継いでいますが、葉はモミジアオイの葉のように切れ込みの入った独特の形を受け継いでいました。

 で、その写真です。

タイタンビカス Hibiscus x Taitanbicus

    P1100437.jpg    P1100440.jpg

    P1100441.jpg    P1100445.jpg

    P1100444.jpg     P1100438.jpg
 
    P1100439.jpg       P1100451.jpg
撮影:2013年8月9日 山口市宮野地区
 ●一番下の左の写真のように葉にはモミジ(カエデ)に似た切れ込みがあります。

 従来フヨウの記事に入れていたアメリカフヨウとモミジアオイ(タイタンビカスの両親に当たります)の写真と記事を今回こちらに移しました。

アメリカフヨウ Hibiscus moscheutos

    P1100452.jpg    P1100453.jpg
撮影:2013年8月9日 山口市宮野地区
 ●タイタンビカスを育てておられたお宅に咲いていたものです。

    IMGP2953.jpg     IMGP2954.jpg
撮影:2003年8月3日 豊中市「都市緑化植物園」

 
モミジアオイ Hibiscus coccineus

    IMGP2862.jpg
撮影:2003年8月2日 『甲子園口植物園』

(次の2枚は、2013年9月22日追加分です)

    P1100615.jpg     P1100616.jpg
撮影:2013年9月11日 『山奥植物園』

 タイタンビカス、アメリカフヨウ、モミジアオイのいずれを描いた切手も手元にはありませんでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR