FC2ブログ

1145.今日の植物(753):チョウジタデ

 今日の植物は、チョウジタデという植物です。本日の誕生日の花ツキミソウに代って同じアカバナ科から登場です。
 
 チョウジタデは、アカバナ科 Ludwigia 属(チョウジタデ属)の多年草の種名および属名です。

 属としてのチョウジタデは、約75種を含む水生の植物で、主として熱帯地方を中心に世界に分布している植物のようです。
 日本でも、ミズキンバイ、チョウジタデ、ミズユキノシタといった種が、水田や水際などの湿地に分布しているということです。これもあまり意識して見ていませんから、どれがそうなのかよくわからないところです。

 水生植物として園芸店でもルドヴィジアという名前で販売されているようです。
 ただし、この植物は繁殖力が強くて茎の切れ端からでも成長するものもあって、一度自然界に侵入すると駆除が難しいものもあるそうで要注意です。

(以下、2014年6月13日追加分です)

 と、言っていましたが、このLudwigia 属の一つオオバナミズキンバイ(Ludwigia grandiflora)種が特定外来生物に指定されました。
 琵琶湖では2008年に初めて繁殖が確認されて以降、「爆発的に」増殖しているということで、刈り取りなどの駆除活動が繰り広げられているということです。
 このオオバナミズキンバイは、日本在来種で絶滅危惧種でもあるミズキンバイ(Ludwigia stipulacea)種と近縁で、両者の間に容易に交雑種を生じることから、遺伝子汚染や在来種の絶滅が危惧されているということです。

オオバナミズキンバイ Ludwigia grandiflora 

    OSK201308210033[1]     20131222085237a1[1]
  ●こちらが特定外来生物に指定されました。右の写真のように大繁殖しています。

ミズキンバイ Ludwigia stipulacea

    Ludwigia_stipulacea[1]
 ●こちらは、絶滅が危惧されている在来種です。
(以上の写真3枚は、ウイキペディアおよびネットから借用してきました)

(以上、追加分です)


 今回のチョウジタデを掲載したところで、アカバナ科も手持ちのものが全て登場したことになります。これまで掲載した属には
フクシアハクチョウソウマツヨイグサヤナギランゴデチアがありますので、合計6属が登場したことになります。
 ウイキペディアの情報によりますと、このアカバナ科には20~24属、約640~650種があるそうですから、登場したのはほんの一部だということになります。

 写真です。

ルドウィギア・セディオイデス Ludwigia sedioides

    IMGP4150.jpg   IMGP4151.jpg
撮影:2004年10月2日 草津市「水生植物園」

 切手です。1枚ありました。


ルドウイギア・ストゴニフェラ Ludwigia stogonifera

    stbot0501.jpg
1986年 ボツワナ発行(クリスマス)
 ●ボツワナは毎年クリスマスの切手を発行しています。取り上げられる植物はクリスマスとはあまり縁のなさそうな植物なのですが、これが楽しいのです。ボツワナに固有の植物を取り上げているのかもしれません。 

(おしらせです)

 昨日、自宅近くの荒滝山に登ってきました。といっても標高459メートル、ふもとからの標高差は270メートルですから、そんなに高い山ではないのですが、近くにあってトレーニングには最適という山なのです。センニンソウが咲いていましたので、写真を追加しておきました。
 センニンソウ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1019.html

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR