FC2ブログ

1161.山奥植物園の植物(36):エノコログサ

 「山奥植物園の植物」の第36弾は、エノコログサという植物です。本日の誕生日の花にコバンソウという植物があるのですが、これは登場済みということで同じイネ科のエノコログサにしました。

 エノコログサは、イネ科 Setaria属(エノコログサ属)の総称であり一年草種の名称です。

 属としてのエノコログサには100種以上が熱帯地方から温帯地方に分布しているおり、種としてのエノコログサはヨーロッパから東アジアという広い範囲に分布する植物なのだそうです。

 エノコログサは現在では食用とは認識されていませんが、アワ(粟)の原種なのだそうで若い葉や花穂を軽く火で炙って醤油などで味付けしたり、天ぷらにして食べられるそうです。これは初めて知りました。

 そんなことでエノコログサは何も『山奥植物園』の固有種などではないのですが、この植物は子供の頃からなじみがあって好きな植物の一つだったのです。
 子供の頃このエノコログサを使って遊んでいました。遊び方はこうです。まず、エノコログサの穂の部分を掌に包み込むようにして握ります。ついで、この掌を握ったり緩めたりすると、穂についた細い毛(?)の働きで、穂が少しずつ(上か下に)動くのです。ただそれだけなのですが、これが面白くて何度もやっていました。

 エノコログサは漢字で書くと「狗尾草」または「犬子草」、花穂が子犬の尾に似ているところから名づけられようです。
 別名をネコジャラシとも呼ばれます。説明もいらないうまい命名だと思います。

 写真です。

エノコログサ Setaria viridis

    P1100619.jpg     P1100620.jpg
撮影:2013年9月11日 『山奥植物園』

    IMGP2784.jpg
撮影:2003年7月27日 西宮市「瓦林公園」

 切手ですが、これは手許にありませんでした。

(おしらせです)

 エノコログサの写真を撮った場所にモミジアオイが生えていましたので、写真を追加しました。
  モミジアオイ(タイタンビカス) http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1201.html

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR