FC2ブログ

1171.癒しの植物(34):クロモジ

 昨日に続いて「癒しの植物」クロモジという植物です。昨日の記事で「養命酒」に入っている生薬の一つに挙げられていたものです。

 クロモジは、クスノキ科 Lindera属(クロモジ属)の落葉低木で、我が国の本州岩手県以南の太平洋沿岸から四国、九州の北部、それと中国に分布しているということです。   
 
 クロモジの枝を折ると良い香りがするそうで、養命酒に使われている生薬の烏樟(うしょう)は、このクロモジの枝だということです。
 また、クロモジは高級な楊枝に使われたり、樹皮の一部を残す形に削って和菓子用の「黒文字」の材料として利用されたりしています。 

    P1100795.jpg
 ●「黒文字」と呼ばれているものです。一番上のは、菓子器に2本添えて箸のようにして使うものですから、いわゆる黒文字とは違うのでしょう。
 ●いずれにしても、これらを作った材料がクロモジなのかどうかという点については、自信がないですなあ。

 属としてのクロモジは80~100種を擁する植物群で、その大半は東アジアを原産地としていますが、3つの種だけは北米東部が原産地のものがあるということです。

 Lindera属の写真です。      

クロモジ Lindera umbellata

    IMGP1129.jpg
撮影:2003年11月16日 京都市「府立植物園」
 ●写真がいま一ついけませんな、また撮影してきましょう。

ミヤマクロモジ Lindera glabrata

    IMGP1448XX.jpg
撮影:2004年4月18日 亀岡市「大本花明山植物園」

シロモジ Lindera triloba

    IMGP1501XX.jpg    IMGP1502XX.jpg
撮影:2004年4月18日 亀岡市「大本花明山植物園」

    IMGP2129XX.jpg
撮影:2004年5月15日 神戸市「六甲高山植物園」

(左)テンダイウヤク Lindera strychnifolia
(右)ダンコウバイ Lindera obtusiloba

    IMGP2781X.jpg        IMGP6241.jpg
    撮影:2004年2月1日          撮影:2006年4月8日
 富田林市「富田林サバーファーム」  亀岡市「大本花明山植物園」

アブラチャン Lindera praecox


    P1090939.jpg
撮影:2012年6月17日 京都市「府立植物園」
 ●チャンというのは炭化水素からなる瀝青のことで、このアブラチャンの果実や樹皮をかつては灯火用の燃料として使用していたことによってこ命名されたようです。 

 切手は手許にありませんでした。

(おしらせです)

 昨日、ヘチマに出会いましたので、写真を追加しました。
  ヘチマ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-439.html

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR