FC2ブログ

1186.マングローブの植物(6):ヒルギダマシ

 昨日に続いてマングローブの植物、ヒルギダマシという植物です。昨日のヒルギモドキと似て、ヒルギの偽物風の名前が付けられた植物です。

 ヒルギダマシは、クマツヅラ科 Avicennia属(ヒルギダマシ属)の常緑木本の総称であり一つの種でもあります。
 このヒルギダマシの分類については諸説があるようで、キツネノマゴ科に分類したり、ヒルギダマシ科という独立した科を立てるという説もあったりで、よく分かりませんが、とりあえずクマツヅラ科としておきます。

 世界中の熱帯から亜熱帯地域に分布する植物で、塩分の強い海水に浸かっても生きることができるという特徴を持っています。
 わが国では先島諸島に分布していますが、この地域が世界の生育地の北限に当たるそうで、日本では絶滅危惧ⅠB類(EN)に指定されています。

 写真です。またまたウイキペディアにお世話になりました。

ヒルギダマシ Avicennia marina

    800px-Avic_marin_070728_030_mank_rsz[1]     434px-Avic_marin_070728_020_mank[1]
 ●右の写真のような根、「筍根」と呼ばれるのだそうです、を持っています。

 切手です。1枚だけありました。

ヒルギダマシ Avicennia marina

    sttwn0404.jpg
        台湾発行
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR