1275.今日の植物(840):オニノヤガラ

 今日の植物は、オニノヤガラという植物です。
 昨年のことになりますが、ラン科の新種が発見されたというニュースがネットに掲載されていました。こちらです、
  http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2013_1/131107_1.htm 
  この新種には発見された鹿児島県竹島にちなんで、タケシマヤツシロランと命名されたのだそうです。それで、本日はこのタケシマヤツシロランが属しているオニノヤガラ属が登場です。

 タケシマヤツシロランは、ラン科 Gastrodia 属(オニノヤガラ属)の多年草です。
 このオニノヤガラ属には約50種があって、アフリカ、インド、マレーシア、オセアニア、東アジアに分布しているということです。
 この属はいわゆる腐生植物で、葉緑素を持たず光合成はしないで菌類から栄養素を吸収するのだそうです。

 新しく発見されたタケシマヤツシロランは、このオニノヤガラ属の特徴を持ち、そのうえ花も開花しないのだそうです。花を開花させずに自家受粉して種子を作るというところが特徴なんだそうです。
 「光合成もやめ、咲くこともやめた植物」というキャッチフレーズのように、「それで植物かいな」という植物です。
 こうなると、「生物は何のために生きているのか」、という深遠な問いを思い出させるような気もします。

 オニノヤガラは漢字で書くと「鬼の矢柄」となります。矢が地面に突き刺さった様子から命名されたということです。

 で、そのGastrodia 属の写真です。
 タケシマヤツシロランの写真は記事から借用してきました。また、オニノヤガラの写真はウイキペディアからです。

タケシマヤツシロラン Gastrodia takeshimensis

    wlf13110722580016-p1[1]

オニノヤガラ Gastrodia elata

    450px-Gastrodia_elata_1[1]     450px-Gastrodia_elata_4[1]
 ●オニノヤガラは伝統的な漢方薬で天麻(テンマ)と呼ばれているということです。
  ●右の写真は、開花する前だそうです。

 Gastrodia 属を描いた切手です。1枚ありました。

オニノヤガラ Gastrodia elata

     stkor0801.jpg
2002年 大韓民国(ランシリーズ)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR