1322.今日の植物(881):ヒトツバ

 先日萩市にある笠山に行ってきました。
 笠山は標高112メートルの小さな山なのですが、これがれっきとした活火山で「世界一小さな活火山」とも呼ばれているということです。

 笠山は日本海に突き出す半島の先端にあって、冬は冷たい北風にさらされます。また溶岩に覆われた海岸になっていることや、風穴と呼ばれる夏でも冷たい風が吹き出している場所もあったりして、こんな環境が豊かな植物相を形成していることでも知られています。また、日本でも有数のヤブツバキの自生地としても有名なのです。

    P1110386.jpg
 ●こんな海岸にあります。当日も北風が吹きつけておりました。
 ●手前の植物は、トベラハマヒサカキです。

 今日の植物は、その笠山で出会ったヒトツバという植物です。
 ヒトツバは、ウラボシ科 Pyrrosia属(ヒトツバ属)のシダ植物の総称であり一つの種でもあります。

 属としてのPyrrosia属には約100種が属しているようで、割合大きな属ということになります。

 種としてのヒトツバは、関東以西から琉球列島、朝鮮半島、中国南部、台湾、東南アジアに分布しているということです。
 地下茎を長く伸ばして所々に単葉をのぞける独特の形をしています。

 写真です。植物園ではよく見かけるのですが、自生しているのを見るのは初めてでした。

ヒトツバ Pyrrosia lingua

   P1110370.jpg     P1110371.jpg

   P1110372.jpg
撮影:2014年2月13日 萩市笠山 

    P1110421.jpg     P1110423.jpg
撮影:2014年2月28日 『山奥植物園』(大岩郷)

 Pyrrosia
属を描いた切手は手元にありませんでした。残念。 

(おしらせです)

 当日笠山で出会った他の植物を追加しました。
  ヤブツバキ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-294.html
  イワタイゲキ(トウダイグサ2) http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1249.html
  コウライタチバナ(タチバナ) http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-743.html
  ハマヒサカキ(ヒサカキ) http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-1303.html 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

絶景なる眺め・・・

この時期に笠山とは・・・寒かったでしょう。(笑)
でも笠山がら眺める日本海は心が洗われて大好きです。

春には椿祭りもあり一帯に咲き乱れる椿の花も綺麗です。
椿姫も現れ人々を楽しませてくれますよ。
別世界を感じさせますね。


夏になると風穴で食べる「わかめのおにぎり」「いか焼き」は最高です。




↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR