1337.今日の植物(893):エノキ

 今日の植物は、エノキです。本日の誕生日の花にニレがあるのですが、これも登場済みということで同じニレ科のエノキが代打で登場です。

 エノキは、ニレ科 Celtis属(エノキ属)の落葉高木で、我が国の本州から四国、九州それに朝鮮半島、中国に分布しているということです。

 エノキという名前の由来について、鍬や農機具の柄に使われたところからこの名前になったのだという説があるということです。
 ところが、エノキの「エ」はア行の「エ」で、柄の「エ」はヤ行の「エ」で、ふたつの「エ」は発音が違うので語源を「柄」に求めるのは間違いだということも言われているとか。
 いずれにしても古くから生活に密着した木であったようで、地名や姓に榎の字が入るものがたくさんあります。

 属としてのエノキは約100種を含むということで、北半球の熱帯から亜熱帯地域に広く分布しているということです。
 このCeltis属は、新しい分類体系のAPG体系では、クワ科に属するようになっているのだそうです。随分と違った分類になるものです。

 きのこに「エノキ」と呼ばれているものがありますが、これは正しくはエノキタケ(エノキダケとも)で、この樹木のエノキを始めコナラクワなどの広葉樹に寄生して成長するきのこなのだそうです。
 ちょっと脱線ですが、一般にスーパーで売られているエノキタケは色が白くてひょろひょろしたイメージですが、これは瓶などで栽培したものだということで、ナメコも同じきのこです。一方、野生のエノキタケは立派な笠を持った堂々としたきのこのようです。

 写真です。

エノキ Celtis sinensis var. japonica

    IMGP0952XX.jpg    IMGP0953XX.jpg

    IMGP0954XX.jpg
   
撮影:2004年4月6日 東京都新宿区「新宿御苑」

      P1100401.jpg
撮影:2013年8月7日 山口市「亀山公園」 

 切手は手元にありませんでした。どこかから発行されていないか探してみましょう。

(おしらせです)

 『山奥植物園』の自宅でもフキノトウが出てきました。 併せて、フキ属の切手を1枚追加しました。* 印の切手です。
  フキ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-622.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR